2018.9.11 自分がさぼれない環境をどう作るか

(今日の活動) 

 

こんばんは。 

根葉です。 

 

今日は、朝8:00から 

コンサル仲間の人とZOOMで 

コンサル練習をしました。 

実際にお会いしたこともなく、 

フェイスブック上でメッセージのやりとりしか 

したことがなかったので、 

いい経験になるなあと思い、楽しみでした。 

 

まさかの同い年で、抱えている課題も 

共通する点もあり、親近感がわきました。 

自分の知らない業界の話でもあり、 

いい経験になりました。 

 

コンサルは、いろいろな業種、年代、テーマによって 

話の流れも変わってくるので、 

非常にやりがいがあります。 

 

これからも日々、コンサル力を磨いていきます。

 

人間はいつでも調子がいいわけではない

 

 

■人間はどうしてもいつも順調かというと 

そうではないですよね。 

調子がいいときもあれば、 

調子が悪いこともあります。 

調子がいいときはいいですが、 

例えば、 

今日は、眠いなあ、 

気が乗らないなあ 

なんかやる気が起きないなあ 

なんか別のことでもしようかな・・・ 

なんてことはないでしょうか? 

■私は、けっこうよくありました。 

「まあ、明日でいいか」 

「気が乗らないときにやってもね」 

なんてやらない理由をつけていました。 

そしてやるべきことをせずに 

そのまま気持ちが落ちていき 

結局だんだんやらなくなってしまう・・・ 

はぁー・・・なんでできないんだろう(自己嫌悪) 

そうやって悔やんだ経験が何度もあります。 

しかし、だんだんとそんな経験を重ねるにつれて 

いい加減それは嫌だと思い、改善する方法を学びました。 

本から学んだこともありますし、セミナーもありますね。 

 

 

人のパワーをいただき、エネルギーに変える

 

 

 

 

 

 

 

■そこで一番おすすめなやり方としては、 

自分が理想とすることをやろうとしている 

(もしくはできている) 

グループに入ってしまうことです。 

そうすることで、一人ではなく、 

周りもやっているので、お互いに 

悩みも共有できるし、切磋琢磨しあうことも 

できます。 

■まさにこのメルマガがそうです。 

毎日更新は正直けっこう大変です。 

気が乗っているときはいいですが、 

忙しいときや疲れているとき、ネタが浮かびにくい 

ときなどは、大変なこともあります。 

しかし、他の仲間のメルマガを見ると、 

私だけがやっているわけじゃないし、 

みんなそれぞれの立場で頑張っているなあと 

自分の怠け心に打ち勝つことができると 

思います。 

私自身の過去を振り返ると、 

半ニートから教師になった時、 

帰宅部からフルマラソンが当たり前のレベル 

になった時、 

ブログも1000号まで書いた時、 

それぞれやはり一緒にチャレンジしている 

人たちがいました。 

一人ではなかなかできなくても、 

やはり人の力はエネルギーになります。 

もちろん、人それぞれ状況はありますので、 

これは一例です。 

自分なりに自分がさぼれない 

環境をどう設定するのかは、 

自分の理想を実現する上で、 

必要不可欠かなと思います。 

 

 

 

それでは、今日もブログをお読みいただき、 

ありがとうございました。 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば 

幸いです。 

明日も宜しくお願いいたします。 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言) 

 

 

「いつも最善を尽くしなさい、

どんな逆境にあったとしても。」 

 

 

 

アーノルド・パーマー(元ゴルフ選手) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です