2018.9.27 成績が上がらない生徒の特徴

(今日の活動) 

こんばんは。 
根葉です。 

 

午前中にカフェに行って、コンサル事業の 
仕事を進めました。 

 

言語化はやっぱり相当労力がかかりますが、 
コンサルの仕事は言葉を使って、 

クライアントにやる気や希望、気づきを与える 
仕事なので、言語化は欠かせません。 

 

このメルマガも日々、いい鍛錬になって 
おります。 

 

あっという間に28日目。 
もう少しで1ヶ月です。 

まずは、100日達成を目指します。 

 

 

成績が上がらない生徒には共通点があります

 

 

 

 

 

 

今日は、学習塾のネタでブログを 

書きます。 

たまにはそんなのもいいですよね(^-^) 

 

ちょうどお子さんがいる読者さんには 
いいですねー! 

まあ、当たり前の話なので、 
特に目新しいものはないですが。 

参考にしてもらえたらと思います。 

 

■みなさんが思いつく成績が上がらない生徒の 
特徴って何だと思いますか? 

 

・人の話をしっかりと聞けない 

・集中力が続かない 

・復習をしない 

・見直しをしない 

・そもそもやる気がない 

・目標がない 

・マイナス思考 

・できないことを人のせいや問題のせいにする 

・わからないことをほったらかし 

・勉強の量が少ない 

 

など、今10個ほどあげましたが、 

あげれば山ほど理由はあります。

 

 

時間を守る=自己管理できる

 

 

■どれも理由として当てはまりますが、 

特に私が1つあげるとするならば、 

「時間が守れない」 

という生徒ですね。 

塾に遅れてくる、いわゆる 

「遅刻する生徒」です。 

 

この時間への意識でほとんどの 

活動レベルがわかります。 

 

時間が守れない=自己管理ができていない 

ので、 

さきほど上げた10個のことにも 

つながってきます。 

 

 

■もちろん、前提としてレベル感は 

ありますよ。 

 

あくまで80点レベルまでの話ですかね。 

上位20%までいかないレベルの話です。 

上位20%から上げていくには、 

自己管理は当然として、 

さきほどの10個のことも含めて、 

一つ一つの精度や量を上げていく必要があります。 

 

これは、小学校で担任していた時も明らかです。 

やはり、成績が良かった上位20%は、 

時間がしっかりと守れていて、 

やるべき行動へのスタート、 

処理速度も速いです。 

 

 

■みなさんもお気づきかと思いますが、 

これは、別に塾や学校だけの話ではないですね。 

 

スポーツや仕事でも同じかと思います。 

スポーツで練習に遅れてくる人が 

成果が出ると思いますか? 

 

職場に遅れてくる、クライアントとの約束の時間を 

守れない人が信頼されると思いますか? 

 

当たり前にわかる話ですよね。 

やっぱり時間を守るってめちゃくちゃ大事です。 

 

自分への戒めもこめて、今日のブログを 

書きました。 

 

以上です。 

少しでも参考になれば幸いです。 

 

それでは、今日もブログをお読みいただき、 

ありがとうございました。 

あなたの人生を変えるきっかけになれば 

幸いです。 

明日も宜しくお願いいたします。 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 「時間がきっちり決まってる。

動き出す時間、ストレッチの時間、 

ゲームに入る前の準備の時間。

きっちり決まっている。 

それをこなしていったら、

入っていっている。

意識がない。 

意識なくスイッチが入っていっている。 」 

 

 

(プロ野球選手   イチロー ) 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です