2018.10.03 やはり試練を乗り越えてこその真の継続力

(今日の活動) 

こんばんは。 
根葉です。 

 

今日は、電車に乗りながら 
グリッドの本を読んだり、 

他の方のメルマガを読んだり、 
いろいろと思考をしていました。 

 

そのあとは、美容院に行って 
店長さんにいろいろと 
お話を伺っていました。 

美容師歴30年のキャリアで、 
いろいろと試行錯誤しながら 
美容師業界を変えていきたいと 
おしゃっていました。 

やっぱりビジョンはつくづく大事だと 
実感しました。 

 

継続って言ったらどのぐらいの期間ですか?

 

 

 

 

 

 

 

■さて、質問です。 

 

 あなたは、継続できているって 
 言えるのは、どのぐらいの期間やったら 
 そう思いますか? 

 3日坊主の人なら4日ですかね? 
 (それって継続じゃない笑) 

 21日できたら続くって話もあるから、 
 21日ですかね? 

 いやいや、3ヶ月でしょ! 

 

 いやいや、1年でしょ! 

 キャリアを作るには3年とも言われるから 
 3年でしょ! 

いや、10年とも言う人もいるかもしれません。 

 

 

■人それぞれ継続の定義ってあると 
 思いますが、 
   

 個人的には、最低1年以上かなと思っています。 

 理由としては、 
 アルバイトにしても3ヶ月とかって 
 短いと思いませんか? 

 

 これじゃあ、短期アルバイトですよね。 

 

 やっぱり1年やって、ある程度見えてくるものが 
 ありますし、技術や能力もついてくると 
 思います。 

 

■また、ライザップのように2ヶ月とか 
 もありますよね? 

 あれって、やっぱり2ヶ月だから 
 やり切れる可能性が高いのかなと思うわけです。 

 2ヶ月なら、勢いと気合い、根性でクリアできる 
 レベルかなと思うわけです。 

 あれを一年やるっていうと、おそらくかなり 
 きついですよね。 

 

 

■そう考えると、気合や根性だけでなく、 
 やる目的や良い部分、悪い部分も含めて 

 続けられるかどうかがポイントかなと 
 思うわけです。 

 

 そうすると、最低は1年かなと思いますし、 
 できれば、5年以上かなと思っています。 

 

■5年となると、やっぱり経験値もだいぶ 
 積み重なってきますし、自然とできている 
 部分もかなりあるかなと思います。 

 5年やれば、そのことについて話せることも 
 たくさんあるでしょう。 

 

 

試行錯誤を乗り越えてこそ継続できるのは本物

 

 

■今日、お話をした美容師さんは、 
 キャリア30年。 

 「継続できた」理由を聞いてみました。 

 すると、もちろんその仕事が好きというのも 
 あるけれど、 
  
 「試練を乗り越えたのが大きい」 

 と、おっしゃっていました。 

 

■12年前、いろいろとトラブルがあり、 
 もうすべてが嫌になり、 
 投げ出しそうになった時があったそうです。 

 

 でも、奥さんの支えもあり、試行錯誤しながら 
 なんとか乗り越えたそうです。 

 

 やっぱり継続するって、いつも順調はありえなくて、 
 試練に負けない覚悟が問われているなあと 
 実感しました。 

 

■結論としては、継続ってそんな甘いものではなく、 
 試行錯誤を乗り越え、自分を成長させてこその 
 力なんだなあと思いました。 

 

 ただし、惰性はダメですよ。 
 そんなの惰性を何十年やっても意味がありません。 

 よくある地位や権力に意地でもしがみ 
 ついているやつです(苦笑) 

 

 あれは、惰性を継続しているので、 
 逆にマイナスですね・・・残念。 

 

 

それでは、今日もブログをお読みいただき、 

ありがとうございました。 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば 

幸いです。 

明日も宜しくお願いいたします。 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言) 

 

 「 挫折は過程、最後に成功すれば、

 

挫折は過程に変わる。 

 だから成功するまで諦めないだけ 」 

 

本田圭佑(プロサッカー選手) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です