2018.12.24 誰でもできる小さな習慣に続ける秘訣がありました

(昨日の活動)

朝8時過ぎからランニング。
やはり朝は気分がいいですね!

コンサル音源を聞きながら、
ゆったりと走ります。

やはり何でもそうですが、
繰り返し聞くことによって改めて
新しい気づきがあります。

その後は、新御徒町のコアワーキング
スペースへ。
なかなかオシャレなところで、
読書とメルマガがはかどりました。

詳細はこちらです
https://liginc.co.jp/442753

バカみたいに小さな習慣が成功のカギ

 

■今月の習慣の本3冊目を読了したので、
その学びをシェアします。

 

 

 

 

 

 

 

 

「小さな習慣」
著者 スティーヴン・ガイズ

https://www.amazon.co.jp/小さな習慣-スティーヴン・ガイズ/dp/4478065772/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1545620374&sr=8-1&keywords=小さな習慣

 

ざっくり気になった言葉や気づきを
まとめてみました。

 

・小さい習慣は、どんな不調なときでも、
 気分に関係なく続けられる

 

・習慣が長続きしないのは、
 飽きやすい、意志力がないなど
 自分自身に問題があると思いがちだが、
 本当はやり方を知らないだけ。

 

・千里の道も一歩から 老子
 どんな大きな成功も偉大な記録も
 全ては最初の一歩から

・私たちの45%は習慣として
 自動的に行っているだからこそ、
 自分の人生や目標達成に習慣を役立てる

・小さな習慣はほとんど努力はいらない
 例えば、腕立て伏せ1回、本2ページ読む、
 50ワード書く、5分勉強する

・小さな習慣は自分の限界点を超えていく
 コンフォートゾーンから一歩出るが、
 すぐに戻ることができる

 それを繰り返すことで、だんだんと
 コンフォートゾーンを広げていくイメージ。

・最初のアクションが一番難しい
 だからこそ小さな習慣が大切

・成功が成功を生む
 小さな達成感が次の原動力を生み、
 さらに行動を加速させる

 

 

大したことなくても挫折しないことが一番大事

 

■私がこの本で一番良いなあと思った点は、
最初の一歩で挫折しやすいという課題を

ものすごく小さな習慣で乗り越えることが
できるという点です。

たった1回の腕立て伏せならみんなできますよね。
そして、1回やって気が乗れば何回やっても
いいそうです。

この発想って新しいなあと思いますし、
かなり使える方法だと感じました。

 

■大事なことは、やり始めて挫折しないこと
であり、歩みは遅くても小さくても
前進していますからね。

本だって、1日1ページぐらい読めば、
年間2冊読めるわけだし。
それを50年続ければ、100冊。

全く本を読まない人に比べれば、それだけでも
大きな差ですよね。

とても参考になりました。

 

本日 0km ラン
合計 24.5km/300km(3月10日まで)

 

それでは、ブログをお読みいただき、

ありがとうございました。

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

幸いです。

 

次回も宜しくお願いいたします。

(今日の人生を変える著名な名言)

「人間にとっては小さな一歩だが

人類にとっては偉大な一歩だ」

ニール A アームストロング

 

宇宙飛行士。1969年人類で初めて月に降り立つ。

人間にとっては小さな一歩だが人類にとっては

偉大な一歩だ。の言葉はアームストロングが

月に降り立ったとき地球に送ったメッセージ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です