2019.1.12「いつか」という言葉を使ってないですか?

 

昨日は、メルマガでも書きましたが、

リサイクルショップに行って、

断捨離してきました。

 

やっぱり物が減ると気分も全く違い

ますね。

 

今年は、積読している本もバリバリ

読んでブックオフに持っていこうと

思います(笑)

 

いいから、今すぐやりなさい

■明らかに独立してから

さらにコンサル事業を始めてから

 

たくさんの人とコミュニケーションを

取るようになって、

 

相手の言葉からだいたいその人の意志力

がわかるようになってきました。

 

 

やはり言葉はめちゃくちゃ大事ですね。

 

 

 

■特に、人生がなかなかうまくいってない人で、

よく使われる言葉が

 

「いつか」ですね。

 

 

・いつかやってみたいんですよね

 

・いつかタイミングが来れば

 

・いつか時間ができたら

 

・いつか打ち込めるものがあると

 いいです

 

・いつか海外へ行けたら

 

とか、こんな感じです。

 

 

この「いつか」は曲者ですね。

 

 

 

■最近、この本を読んだのですが、

これにも書いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

いいから、今すぐやりなさい   

 

エドウィン・ブリス

 

https://www.amazon.co.jp/DO-NOW-いいから、今すぐやりなさい-エドウィン・ブリス/dp/4478105383/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1547299980&sr=8-1&keywords=いいからいますぐやりなさい

 

 

本の冒頭にこんな言葉がありました。

 

 

ほとんどの人は少しずつ死に絶えていく

「いつかすればいい」と思って、

膨大の時間を無駄にしながら。

 

 

 

まさに先延ばしですね。

 

 

 

■この本のポイントとして、

 

 

・仕事、家庭、人間関係、個人の目標

 それぞれの先延ばしリストの作成

 をした方がいい

 

・すぐやる、誰かにまかせる、捨てる

 

・どの環境に身を置くかが大事。

 情熱が人に伝わるように、

やる気のなさも人に伝わっていく。

 

・自己実現という最大の目標は、

それに見合った代償を支払ったものに

 だけが達成できる

 

・先送り対応 

5分間の実行、難題からの対応

とにかく5分やる、

難しいところからやる

 

・仮眠(20分以内)、

リラクゼーション(深呼吸 20分)

 

・やらないことを決める、

リラックスタイムをとる

 

先延ばしの言葉を使ってないですか?

 

■そして、極めつけが以下の先延ばし

する人が使う言葉です。

 

 

私も含めてほとんどの人が使ったことが

あるものがあるのではないでしょうか。

 

 

(先延ばしの言い訳リスト)

 

 

・面倒だ

・締め切りはまだ先

・放っておけば、自ずと解決する

・まだ早い

・もう遅い

・必要なものが揃っていない

・それは難しい

・気分が乗らない

・頭痛がする

・遅れても大きな違いはない

・うっかり忘れてしまう

・どこから手をつけていいかわからない

・疲労を感じる

・とても忙しい

・退屈な作業だ

・うまくいかないかも

・一晩寝て考える必要がある

・面白いテレビ(ゲーム)がある

・天気が悪い

・いい天気だから、こんなことをして過ごすのは

 もったいない。

・課題に取り掛かる前に休憩をしよう

・来年まで待って新年の誓いをしよう

・今更もう間に合わない

・焦らなくてもいいかな

・大切なことだからじっくりと

考えないといけない

 

 

今年は、先延ばしせずに

どんどん突き進んでいこうと思います。

 

 

 

 

それでは、ブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

今後も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

「決断しないことは、

 

ときとして間違った行動よりたちが悪い」

 

 

ヘンリー・フォード

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です