2019.1.15 熱中できるものはやっぱり強い

昨日は、午前中の10時からクライアント

さんのコンサル。

 

この1ヶ月の振り返りや、

今年の目標の確認とこれからの

1ヶ月の具体的な課題や

行動について話し合いました。

 

ぜひ、これからもコツコツと

頑張ってくれればと思います。

 

午後からは、コンサル仲間主催の

ランの練習会へ。

久しぶりに皇居と外苑の周りを走って
きました。観光気分で楽しかったです。

おかげさまで、20kmランできました。

 

合計105km/300km(3月10日まで)

 

当たり前の基準が高くてびっくり!

 

 

 

 

 

 

■今回の午後のマラソンの練習会では、 
20人以上の人が集まったのですが、 

かなりレベルが高かったです。 

年にフルマラソンを4,5回走る人がけっこう 
いて、月間200キロも当たり前に走っている 
人もいて、驚きました。 

一番走っている人で、月間400キロ。 
単純に毎日走っても、13キロ以上ですね。 

この日も午後2時半からスタートでしたが、 
すでに朝から走っている人もいて、 
55キロ走った人もいました。 

 

まさにやばいレベルです・・・苦笑 

 

けっこう運動している自分ですら、こう 
思うぐらいなので、運動していない人から 
したら異次元でしょう。 

 

自分が熱中できるかどうかがポイント

 

■それで、ここからの学びですが、 

やはり人から見て突き抜けた成果を 
出すには、それに見合った突き抜けた 
行動が必要なわけです。 

 

今回のマラソンで言えば、 
このグループの上位の人たちから 

すれば、フルマラソンを年に4,5回 
走るのが当たり前で、むしろそれを 
やりたいわけです。 

やらないと気持ち悪いレベル(笑) 

 

■ここで重要なポイントですが、 
他人にとっては、ものすごい行動でも 

当の本人からすれば、やりたいわけ 
なので、苦労な行動ではないわけです。 

ですから、大事なのは自分が熱中 
できるかどうか。 

やっぱりこれがものすごく大事ですね。 

好きなことであれば、ほとんどの人は 
苦もなく、長時間取り組むこともできると 
思います。 

 

■自分が熱中できるものって 
なかなか見つからないこともありますが、 
やはりまずはやってみることが 
大事ですよね。 

 

昨日、何人かの人にマラソンを始めた 
きっかけを聞きましたが、 

人に誘われたり、ダイエットだったり、 
初めからマラソンが好きではなかったわけです。 

そしてやり始めたらいつのまにか 
熱中していた。 

そんなことってけっこうありますよね。 

 

そんなことを感じた出来事でした。 

 

ちなみに私がマラソンを始めたきっかけは 
先輩の体育会系の女の先生に、 

ハーフマラソン走れ!と巻き込まれたこと 
が始まりです 笑 

 

それでは、今日もブログをお読みいただき、 

ありがとうございました。 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば 

幸いです。 

明日も宜しくお願いいたします。 

 

(今日の人生を変える著名な名言) 

 

「世界史上の偉大なる進歩は、すべて熱中の 

勝利である。熱中しなければ、 

偉大なことは成し遂げられなかったのだ」 

 

ラルフ・ワルド・エマーソン 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です