2019.1.17 思考習慣って意識していますか?

昨日に引き続き、朝10時から 
習慣化コーチ養成講座でした。 

ただ、知識を得るだけでなく、 
実際に参加者の人たちと話し合ったり、 

 

コーチングをしたりする中で 
より理解を深めることができました。 

しっかりと今のコンサル力に 
プラスしてパワーアップして 
いきます。 

 

またも夕方からは塾がある関係で、 
途中で抜ける形になって残念でした。 

しかし、受験生も追い込みなので、 
しっかりと指導しています。 

 

物事をどう解釈するかで結果は大きく変わる

 

 

 

 

 

 

■人間は、物事に直面した時に 
プラスのとらえ方とマイナスのとらえ方が 
あります。 
いわゆる物事の解釈ですね。 

 

たとえば、第一志望の受験で残念ながら 
不合格だったとします。 

プラスにとらえる人は、しっかりと頑張ったし 
第一志望ではないけど、 

気持ちをきりかえて、高校生活を頑張ろうと 
前向きに考えます。 

 

一方で、マイナスにとらえる人は、 
第一志望じゃなきゃ意味がない。 

もう高校なんてどうでもいいや。 
と落ち込んでしまいます。 

 

同じ出来事でもその人の解釈の 
仕方で、受ける感情も変わってくると 
思います。 

 

 

■シェークスピアの名言にも 

「物事に良いも悪いもない。 

本人の考え方次第」 

という言葉あります。 

 

そして、講師の古川さんの話 
によると、 

行動を習慣化する際にうまくいかない 
のは、思考習慣が大いに関係 
しているとおっしゃっていました。 

 

自分の思考習慣を知っておくと対応しやすい

 

■思考習慣には、9つあるそうです。 

(プラス面) 

1. 等身大の自分を受け入れる 

2. 相手を変えず見方を変える 

3. 徹底的に具体化する 

4. さまざまな視点から眺める 

5. できることに集中する 

6. 運命を引き受ける 

7. 完璧主義をやめる 

8. プラスの側面を見る 

9. 今に集中して生きる 

 

(マイナス面) 

1. 常に自分を過小評価する 

2. 相手を変えようと必死になる 

3. 漠然と考え堂々巡りする 

4. 自分の固定観念から見る 

5. 環境に振り回される 

6. 過去を後悔し続ける 

7. 完璧を目指しすぎる 

8. マイナスの側面を見る 

9. 過去の後悔と不安にまみれている 

 

 

■いかがでしょうか? 

自分に当てはまるものがいくつか 
あるのではないかと思います。 

 

私自身は、思考習慣テストをした時に 
特に習慣2の相手を変えようと必死になる 
面が強いという結果になりました。 

 

逆に良かった面としては、習慣1や習慣8 
が高く、基本的にポジティブな性格なので、 
かなり点数的に高かったです。 

自分がどのような思考習慣なのか 
把握しておくことは、今後生きていく 

うえでも非常に参考になるかなと 
思いました。 

 

それでは、今日もブログをお読みいただき、 

ありがとうございました。 

あなたの人生を変えるきっかけになれば 

幸いです。 

明日も宜しくお願いいたします。 

 

(今日の人生を変える著名な名言) 

 

 

「私は自分のことを「成功者」ではなく 

「成長者」だと思っている。 

前者は成功すれば終わってしまうが、 

後者は成長している限り永遠だ」 

中井 政嗣 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です