2019.2.25 クライアントさんを支援しながら自分も気づかされる

(昨日の活動)

朝、7時からZOOMでコンサル
しました。

昨日のメルマガでも書いたとおり、
とても元気そうで
こちらも嬉しくなりました。

その後も10時半から対面コンサル。

思考習慣や生活リズムの大切さを
お伝えしました。

 

午後からはあるイベントに参加して
リフレッシュしてきました。

 

 

行動よりも深い思考に原因がある

 

 

 

 

 

 

 

 

■昨日は、朝7時からZOOMで
 コンサルしてから、

 10時半からこちらにてコンサルを
 してきました。

 山の上のホテル(御茶ノ水)
https://www.yamanoue-hotel.co.jp/restaurant/lobby/

初めて行きましたが、雰囲気のある
良い場所でした。

改めて場の大切さを実感しました。

 

 

■今日のメルマガでは、昨日対面コンサルして
気づかされたことを書きます。

クライアントのHさんには、
思考習慣についてと
現状の1日と理想の1日について
考えていただきました。

例えば、

・毎日掃除をしたい

・読書をしたい

・運動する習慣を身につけたい

・早起きしたい

などと、行動習慣を身につけようと思っても
うまくいかない原因って

決して怠けているわけではないんですよね。

 

 

■行動しないといけないことも
わかっているし、やり方もわかっている
のに、できないことって
ありませんか?

 

 

その原因は、行動よりも深い部分の
思考に原因があったりするわけです。

いわゆる思考習慣です。

 

たとえ事実が一緒だとしても
その人のとらえ方(思考習慣)で
プラスにもマイナスにもなります。

どうせ私はできないとか、

完璧にやろうとか、

思いつきで行動しようとか、

そんな思考で取り組んでいたら
習慣として続けていくのは
難しいと思います。

 

 

■今、私は習慣化コーチの養成講座で
学んでいますが、講師の古川さんの話だと
思考習慣は9つあるそうです。

 

 

(マイナスから抜け出す9つの習慣)

1. 等身大の自分を受け入れる

2. 相手を変えず見方を変える

3. 徹底的に具体化する

4. さまざまな視点から眺める

5. できることに集中する

6. 運命を引き受ける

7. 完璧主義をやめる

8. プラスの側面を見る

9.「今」に集中して生きる

 

私自身は、2の習慣が一番苦手なのですが、
Hさんにも思考習慣テストをしていただき、
自分の傾向を知っていただきました。

 

現状の1日と理想の1日を書き出してみる

 

 

■その後は、現状の1日と理想の1日について。

ざっくりと起床、朝食、家を出る時間、
仕事、帰宅時間、寝る時間などを
プリントに書いていただきました。

書き出すと自分の1日の過ごし方が
よくわかります。

自分のコントロールできる時間は
どのぐらいあるのか、

自分の理想から遠ざけているボトルネックは
何なのか、

把握できるようになります。

 

 

■Hさんの場合は、明らかに
ネットサーフィンでした。

「こんなにネットサーフィンやって
 いたんですね」

ととても驚かれていました。

 

そして、退社時間も遅いので、
まずは30分退社を早める活動から
やられてみては?と
アドバイスをしました。

こうやって、クライアントさんに働きかけを
しつつ、自分もボトルネックに対する
対応がまだまだ甘いなあと気づかされました。

Hさん、ありがとうございました。

3月の活動も頑張ってください。
応援しております。

 

 

それでは、今日もブログをお読みいただき、

ありがとうございました。

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

幸いです。

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

「何より大事なのは、人生を楽しむこと。

幸せを感じること、それだけです」

 

The most important thing is to enjoy your life

– to be happy – it’s all that matters.

 

 

オードリー・ヘップバーン(英国の女優)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です