2019.3.25 動きながら優先順位を調整すべき2つの理由

(昨日の活動)

 

 

昨日は、朝7時からZOOMで

クライアントさんのコンサルでした。

 

この1ヶ月の振り返りをしていただき、

良かった点、改善点を確認しました。

 

 

いろいろとやることが多く、あれもこれも

なっていたため、優先順位を確認

しました。

 

これから一ヶ月、新しい習慣も入れていくので

コツコツと頑張って欲しいと思います。

 

 

そのあとは、自分の部屋の片付け。

しっかりと整理整頓を意識して

いきたいと思います。

 

 

優先順位を見直すべき理由

 

 

 

 

 

 

※スピードが速ければいいわけではない

 

 

■昨日、コンサルをさせていただいた

時にやっぱり優先順位って大事だと

つくづく感じました。

 

 

その後に自分自身の今の優先順位を

確認してみました。

 

 

すると・・・やっぱり優先すべきものが

ちょっと違っている。

 

 

ついつい動いていると、それで満足して

しまい、そのまま走り続けてしまう

んですよね。

 

 

でも、それだとちょっとまずいことが

あるわけです。

 

 

 

 

■優先順位を調整すべき理由を2つ

お伝えします。

 

 

 

1つ目は、全部同じようにやろうと

してしまうとどれも中途半端になる

からです。

 

 

 

例えば、テスト勉強を例にお伝えします。

 

 

50ページの試験範囲があったとして、

1から50ページ分の復習を全部して

いては、時間が相当かかりますし、

かなり無駄が発生します。

 

 

どこが無駄かといえば、この場合は

できているところ、できていないところを

分ける必要があります。

 

できているところを再度やるのは無駄で

あり、できていないところを優先的に

時間をとって集中的にやる必要が

あります。

 

 

そうしないと、結局時間がなくなって

手が回らずに終わってしまうからです。

 

 

限られた時間の中での効率化が求め

られます。

 

 

 

 

 

 

■2つ目の理由は、時間の経過とともに

 

状況が変わってくるからです。

 

 

試験勉強をしていて、予想以上に

時間がかかることってあると

思います。

 

 

つまり、自分の見積もりの甘さです。

1時間で終わると思っていたのが、

2時間かかってしまった。

 

 

また、体調を崩してしまったり、

気持ちが乗らずにだらけてしまったり

することもあります。

 

 

そうなったときに最初に決めた計画を

見直し、優先順位を考え、

ペースを変えていく必要があります。

 

 

優先順位を考えてこそパフォーマンスが最大化

 

■この2つの点をしっかりと意識して

優先順位を定期的に見直していかないと

やはりパフォーマンスは落ちて

きてしまいますし、

 

かなりずれた結果になってしまっては

意味がないと思います。

 

 

ですから、自分の行動を振り返り、

優先順位はどうか確認することが

ポイントです。

 

 

 

 

どうしても見直しするのが面倒で、

そのままやってしまいがちですが、

しっかりと方向があっているのか、

ペースはいいのか、

考えないと本末転倒になります。

 

 

 

あなたの今の優先順位はなんでしょうか?

 

それはしっかりと合っているでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「選択するということは

 

優先度をつけることであり、

 

エネルギーの分散を

 

極力避けることである。」

 

 

 

 

- 利根川進 -

 

(日本の生物学者、

ノーベル生理学・医学賞受賞 / 1939~)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です