2019.4.02 自分のルーティンをいち早く作ったほうが良い理由

(昨日の活動)

 

 

朝、6時半に起きてテキパキと

ルーティンを実施。

 

 

やっぱり朝のスタートダッシュがいいと

気分ものってきます!

 

 

午前10時からは春期講習。

 

英語が苦手な生徒が少しずつ単語を

覚えてきて、プラスに転換

してきました。

 

 

これからの成長が楽しみです!

 

 

ルーティンの魅力とは・・・

 

 

 

 

 

 

 

■「ルーティン」という言葉が

数年前に少し話題となったと

思いますが、

 

やはりイチロー選手の影響ですかね。

 

 

そもそも「ルーティン」って

意味ですが、

ご存知でしょうか?

 

 

 

一応、調べてみますと、

 

意味としては、「決まりきった仕事」や

 

「日々の作業」です。

 

「ルーチンワーク」「ルーティンワーク」

 

とも呼びます。

 

 

 

また、コンピュータのプログラムの一部で、

 

ある一連の動作の命令群のこともそう呼びます。

 

 

いわゆる完全に習慣化されたという

感じですかね。

 

 

 

 

■では、なぜルーティンの力を活用した

ほうがいいかというと、

 

いちいち考えなくても、

気分に関係なく、苦もなくできるように

なるからです。

 

 

そして何より一番のメリットは

時間の短縮と生産性が上がること

ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

■例えば、朝起きてからする

行動を何も決めずに気分にまかせると、

 

 

二度寝したり、だらだらテレビを見たり、

スマホを見てSNSに振り回されたり、

かなりの無駄な時間が発生します。

 

 

そして、いつのまにか時間がなくなり、

やるべきことができなくなってしまい、

朝からドタバタして出勤なんて

ことになります。

 

 

これは、私がかなり昔にやらかしてきた経験が

あるので、よくわかります。

 

ドタバタになった時の自尊心の欠如ほど

無駄なことはないですね。

 

 

 

私の朝のルーティンをご紹介

 

■そこで、具体的にどうルーティン化する

かといえば、

 

朝起きてから出勤するまでに

どのぐらいの時間があるかを計算し、

 

やる順番を決めることです。

 

 

 

 

私の場合は、朝起きてからの順番として、

 

 

  • うがいをして
  • コップにいれた水を飲んで、
  • 窓を開けて深呼吸10回
  • ストレッチ3分

 

 

これでだいたい目が覚めてきます。

 

 

  • 軽い清掃や洗濯 10分
  • 朝食
  • 身支度

 

 

ざっくりとした流れですが、

これを基本スタイルとします。

 

 

状況に応じて、多少の変更があるときも

ありますが、決まっているとやはり

スムーズです。

 

 

 

 

■これが何も決まってないときは、

本当に気分しだいになっていて、

 

もう時間がかかってしょうがない。

 

 

「次に何しようか」

 

という時間がもったいないですし、

 

考える、迷うことに

エネルギーを使うのがよくないですね。

 

 

 

いかに無駄な行動を省くか、

毎日やるべきことをルーティン化すること

によって生活の質が格段に変わります。

 

1日だけじゃなくて、

一生ものですから。

 

 

ぜひ、ためしてみてください。

 

 

実践した人はご感想をお待ちしております。

 

 

 

 

それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「私は常にグレーか青色のスーツを着用している。

 

こうすることで私が下さなければならない

 

決断の数が減るんだ。

 

何を食べるか、何を着るか決める余裕はないし、

 

他に決断しなくてはならないことが

 

山のようにあるからね」

 

 

 

オバマ大統領

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です