2019.4.09 10年後の自分は何をしていますか?

(昨日の活動)

 

 

昨日から近隣の学校の始業式があり、

新学年がスタートしました。

 

生徒たちは、クラス替えもあって

期待と不安をもちつつ、

これから学校生活を送っていくと

思います。

 

 

特に、受験生はこれから大事な1年に

なるので、気を引き締めて勉強が

できるようにしっかりとサポート

していきたいと思います。

 

 

先立つ後悔をしてみる

 

 

 

 

 

 

 

■昨日、塾の仕事の前に本棚にある

過去のビジネス書を少し読んでみました。

 

 

 

読んだ本はこちら。

 

 

 

本田 健

 

「きっと、よくなる」

 

 

 

 

 

タイトルがいいですよね!

 

なんかうまくいってないときに

希望を与えてくれそうな気がします。

 

 

 

過去に読んだことはあるのですが、

 

やはりその時々の自分の置かれている状況に

よって、自分に響く部分って

変わってくると思うんですよね。

 

 

 

読んだのもおそらく5年以上前だと思いますが。

 

 

 

 

■パラパラと本をめくり、目次を見て

ピンとくる言葉がありました。

 

それは何かというと、

 

「先立つ後悔をしてみる」

 

ということです。

 

 

このまま人生を過ごすとして、

5年後、10年後、20年後、

死ぬ前の直前を想像してみます。

 

 

もし、その時に何か後悔するとしたら

どんなことかを考えてみるというものです。

 

 

未来をイメージして、今の延長線上に

人生を送るとどんなことで後悔するのか、

先にイメージする・・・

 

ものすごくはっとさせられる考え方だなあと

感じました。

 

 

 

5年後、10年後の未来を描いてみる

 

■ついつい、人間は目先のことばかり考えて

いて、それだけで忙しく過ごしてしまい、

気がついた時に時間が大幅に過ぎて

しまいます。

 

 

だからこそ、ふと立ち止まって、

自分の未来をイメージしてみる。

 

 

・あなたは、5年後どこにいて、

何をしていますか?

 

 

・あなたは、10年後誰と一緒にいて、

 何を楽しんでいますか?

 

 

 

 

■逆の視点もいいと思います。

 

 

 

5年前、10年前を振り返って

いただき、

 

その時の自分と今の自分って

振り返ってみてどうでしょうか?

 

 

 

 

■私の過去でいえば、

 

 

10年前は、まだ教師でした。

教師5年目でバリバリ生徒と向き合い、

がむしゃらにやっていたなあと思います。

 

正直、この時に塾で独立するなんて

1%も思っていませんでした。

 

 

5年前は、ちょうどチェンジ塾を開校して

2年目。軌道にのってきたかなという

時期です。

 

 

その時もまさか今、塾経営とコンサルを

やっているとはまったく思って

いませんでした。

 

 

私の場合は、まったく計画性がないのが

よくわかりますね(笑)

 

 

でも、コンサルをいつかやりたいというのは

8年前に紙に書いていたのはありますね。

 

 

 

 

■人生は一度きりです。

 

 

後悔しないためにも未来をイメージして

先立つ後悔をしてみる。

 

 

そして、本当に後悔しないために

今、何をすべきなのか、それを

しっかりと考えて行動を始めることだなあと

思いました。

 

 

これから早速5年後、10年後の自分を描き、

アクションを起こしていきます!

 

 

 

 

 

 

それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

「世間でどう言われてるかは知らんが

 

おれはおれの信念に後悔するような事は

 

何一つやっちゃいねェ!

 

これからもそうだ」

 

 

ワンピース ロロノア・ゾロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です