2019.4.16 自分の気質を知ることでより強みが発揮される

(昨日の活動)

 

昨日は、午前中は法人の確定申告の書類を

取りまとめ、税理士さんに送付。

それから塾の仕事をコツコツと進めました。

 

 

塾では、体験授業をして新しい中3生が

入塾してくれました。

 

しっかりと志望校に合格できるように

サポートしていきたいと思います。

 

 

 

人間は、大まかに4タイプの気質がある

 

 

 

 

 

 

■今日は、習慣化コーチ養成講座でした。

 

午前中は、コーチングについて、

午後はマーケティングでした。

 

それから夕方からは塾の仕事。

 

もう脳みそフル回転超えって

感じですね(笑)

 

 

 

 

■今日、お伝えしたいことは、

講座のコーチングで学んだこと

で非常にインパクトがあったので

ご紹介します。

 

それは、相手の気質に合わせて

コーチングすることです。

 

 

人は十人十色言われるように、

一人ひとり違います。

 

だからこそ、コーチングをするにしても

型は大切ですが、

相手の気質に合わせて対応することが

とても有効だと教わりました。

 

 

これって、別にコーチングにかかわらず、

日頃のコミュニケーションでも有効に

使えます。

 

 

これを知る、知らないは非常に大きいですよ。

 

 

 

 

■人間には基本的に4タイプの気質に分かれる

そうです。

 

1.コントローラータイプ

 

自己判断(支配欲が強い)

行動的で、自分が決めたとおりに物事を

進めるタイプです。

 

 

2.プロモータータイプ

 

他人への影響

明るく、社交的で好奇心が旺盛で

多くの人に好かれるタイプです。

 

 

3.アナライザータイプ

 

 物事を冷静に客観的に捉え分析、

 計画を立てるタイプです。

 

 

4.サポータータイプ

 

人を援助することが好きで、協調性を

大切にするタイプです。

 

 

あなたはどれに当てはまるでしょうか?

 

 

タイプに合わせてアプローチを変える

 

 

もちろん、一つではないと思いますが、

どのタイプが強いかはわかると思います。

 

 

私は、今は完全にコントローラータイプ

ですが、教師をやっていた時はサポーター

タイプでした。

 

職業によってもそのタイプの特徴が出やすい

ものはあると思います。

 

 

 

■このタイプがわかれば、それに合わせて

働きかけを変えればいいわけです。

 

 

例えば、アナライザータイプの人には、

しっかりとエビデンスとロジックを使って、

丁寧に説明してあげる方が効果的ですし、

 

 

コントローラータイプの人には、

まわりくどくなく、結論を伝えれば

いいと思います。

そして、いくつか選択肢を提示して

相手に決めてもらう。

 

 

これがわかるだけでもかなり

コミュニケーションがしやすくなると

思いますし、相手に動いてもらえる確率

が高まると思います。

 

 

難しいのは、自分があまりないタイプの

人と関わる時ですね。

 

そのタイプに合わせて関わっていくことが

大事だと思いました。

 

 

あなたは何タイプでしょうか?

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

「他人のものさし

自分のものさし

それぞれ寸法がちがうんだな」

 

 

相田 みつを

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です