2019.4.20 世界遺産に触れてみて気がついたこと

(昨日の活動)

 

昨日は、ジムへ行こうと思ったら、

残念ながらマシンの取り換えで

お休みでした。

うっかりお休みチェックもれでした。

 

 

 

塾では、新しく受験生が

入塾してくれてその手続き。

 

保護者の方には、自信をもって

志望校合格のサポートをさせて

いただくことをお伝えしました。

 

 

高校生以来の広島へ 観光しまくる

 

■今日は、朝8時過ぎに家を出て、

広島へ行きました。

 

おそらく高校生以来の広島です。

 

ほとんど記憶には残っていません。

 

今回の広島への目的は、

 

・コンサル&友人との交流

 

・広島観光

(厳島神社・原爆ドーム・平和資料館など)

 

・グルメ

(アナゴ飯、焼き牡蠣、お好み焼きなど)

 

 

とても楽しみです。

 

行きの飛行機では、空の上から富士山の

絶景を拝むことができました。

 

天気も良くて圧巻な景色でした。

 

 

 

 

■13時に広島につき、ホテルにチェックイン

してから、今日の目玉観光で

ある厳島神社に行きました。

 

 

宮島からフェリーに乗って、

厳島神社へ。

 

天気も良くてこのフェリーが最高でした。

 

島へ向かう途中の海景色が気持ち良くて、

なんか都会にはない魅力を感じました。

 

そして、だんだんと厳島へ近づき、

大きな鳥居が見えて来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても神秘的というか、

引き込まれる魅力がありました。

 

 

そして、フェリーを降りて

厳島神社へ。

 

 

フェリーを降りて、徒歩15分ぐらいで

大鳥居の所へ到着しました。

 

間近で見ると、その迫力に

圧倒されます。

 

 

 

■厳島神社の歴史としては、

593年に創建されたそうです。

 

それからたくさんの歴史を経て

今の状況になっています。

 

実際に鳥居に触って見ると、

歴史を感じます。

 

これまで何回か倒壊し、再建され、

世界遺産として登録されています。

 

 

やっぱりそれだけの歴史があると

重みがありますよね。

 

 

 

世界遺産はやはり偉大でメッセージ性がある

■それからお店が色々とあって、

お土産を買い、

焼き牡蠣を食べ、

あなご飯も食べ、

 

夜に原爆ドームを見ました。

 

夜でも人がいて、やっぱり見にくる人は

多いんだなあと痛感しました。

 

 

1945年8月6日 

広島に原爆が落とされた日です。

 

戦争の悲惨な爪痕を遺すことで、

世界平和を訴えようと市民が一丸となっ

 

て働きかけ、1996年世界遺産への

登録が実現しました。

 

 

 

 

■2つの世界遺産を見て実感したことは、

歴史があるということ。

 

 

その背景を知ることで、その建築物に

どんな思いがあるかを知ることができました。

 

そして、この存在そのものがシンボルと

なっていて、人にメッセージを伝えています。

 

 

改めて世界遺産の存在って大切だと思いましたし、

日本には全部で22個の世界遺産があることも

調べて知りました。

 

 

歴史に触れるとても充実した1日でした。

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

「芸術におけるすべての回答は、

 

偉大なる自然の中にすべて出ています」

 

 

アントニオ・ガウディ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です