2019.4.25 相手に伝えるストーリーをどれだけもっているか

(昨日の活動)

 

 

昨日は、歯医者へ。

3~4ヶ月に1回、

歯のクリーニングへ行っています。

 

虫歯と歯周病予防です。

 

これも大事な投資。

 

その後は、ジムへ行って

トレーニング。

いい運動になりました。

 

 

 

誰にでもストーリーはある

 

 

 

 

 

 

 

■人って一人ひとり生きてきた人生が

あるわけで、そこにたくさんの学びが

あったり、楽しさがあったり、苦しさが

あったりします。

 

 

そして、それをうまく言語化することが

できれば、一つのストーリーに

なると思います。

 

 

本や映画ってその作り手の一つのストーリー

だと思うわけです。

 

 

そう考えてみると、誰しもが何かしらの

ストーリーは作ることができると

思います。

 

 

 

■私は、ろくなことをしていない、

という人でも逆にろくなことをしていない

ストーリーが作れます。

 

 

ニートやフリーター、ひきこもり

だって、本になる時代ですからね。

 

 

 

私がこれまで語った人生のストーリーで

一番多いのは、

 

やっぱり映画で夢を見つけたことですかね。

 

 

このメルマガでも書いたことはあると

思いますが、

 

半ニートだった自分が映画の影響で

教師になりたいと思ったわけです。

 

 

詳細は以前のブログをご覧ください。

 

 

https://change-life.world/2018/09/03/2019-

 

 

 

 

これからどんなストーリーを作っていくか

 

 

■ストーリーのいいところは、やっぱり

その人の感情がリアルにイメージできる

ことですよね。

 

 

 

どんな思い、葛藤があって、

どんな出会いや行動を起こして、

その後に変わっていくのか、そしてその時の

気持ちや気づき、それがわかること。

 

 

 

もちろん、共感できないものも

ありますよね

人それぞれ自分の価値観があるわけですから。

 

 

映画や本にしても、ある人には高評価でも

ある人には低評価もありますよね。

 

期待して観た映画でがっかりしたことは、

ほとんどの人が1度はあるのではと

思います。

 

 

 

 

■それでもやっぱりストーリーがある

人生っていいなあと私は思います。

 

 

せっかくこの世に生まれてきたわけですから

どんなストーリーを描きたいか、

作るのかは人それぞれですが、

 

相手にインパクトが残るのが

いいですよね。

 

 

もちろん、マイナスじゃないですよ。

プラスです笑

 

 

そのためには、いろいろな経験をするために、

たくさんの物に触れ、考え、感じ、

行動を起こしていくことだと思います。

 

 

ネタはいっぱいあったほうが、

引き出しが増えますし、人間としての

幅も広がりますからね。

 

 

これからもいいストーリーが作れるように

行動していきたいと思います。

 

 

 

 

 

それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

「人生とは、たくさんの標識が飾られている

 

大きな道路だ。だから停滞しているときは、

 

あんまり深く考え込まないで。ヘイトや悪、

 

嫉妬から自分を解き放とう。

 

考えがあるなら抑制しないで、実現しよう。

 

目を覚まして、この人生を生きよう」

 

 

 

ボブ・マーリー

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です