2019.4.29 人に質問されることで気づくことがある

(昨日の活動)

 

朝からランニング。

 

最近、走ってなかったので、

ちょっと体の重さを感じつつ、

とても良い気分でした。

 

 

その後は午前中の10時から

相互コーチングセッションを1件。

 

 

色々といい気づきをいただきました。

 

 

質問の力で大きな気づきを得ることができる

 

 

 

 

 

 

■ここ数日、コーチ仲間と

コーチングセッションをしている

わけですが、

 

 

色々と気づきがありますね。

 

 

人間ってつくづく面白いなあと

思うわけです。

 

 

以前のブログに人間の気質には4タイプ

あるとお伝えしましたが、

色々と特徴はあります。

 

https://change-life.world/2019/04/16/2019-4-16-

自分の気質を知ることでより強みが発揮される/

 

 

 

もちろん、完全に4タイプに分かれるというよりは、

このタイプが一番強いって感じですね。

 

 

このタイプによってもクライアントとの相性が

あります。

 

もちろん、似たような経験をしていると、

さらにやりやすいでしょうね。

 

 

 

 

■昨年はコンサル養成塾に通い、

今は、習慣化コーチ養成講座に通って

いますが、

 

 

コンサルにしても、コーチングにしても

共通しているのは、

 

相手に質問すること。

 

 

そして、相手はこの質問によって

新たな気づきを得たり、自分の感情が

わかったり、

 

 

客観的に自分を見つめ、

次への行動のモチベーションが上がったり

します。

 

 

 

■不思議なのは、自分で当たり前のように

考えていたことであっても

 

 

・それはなぜですか?

 

・どうしてやりたくないのですか?

 

・どうしてやりたいのですか?

 

・本当ですか?

 

・今、感じていることはなんですか?

 

・他にはありますか?

 

・こう思ってないですか?

 

・今、できることってなんですか?

 

 

など、自分で考えるよりも

はるかに相手に質問されることで

より深い気づきを得ることができる。

 

 

 

自分一人では客観的な視点をもつことは難しい

 

 

■これってなんでだろうなあって

 

考えてみたら、

 

 

自分の視点で考えているからですよね。

 

当たり前ですが、自分で考える場合は

自分の世界があって、客観的に見ようと

思ってもなかなか見ることができません。

 

 

それにこういうものだって一度思って

しまうと、なかなかその考え方から

抜けることができません。

 

 

だから行き詰まったり、堂々巡りになったり

するんですよね。

 

 

そう考えてみると、コンサルやコーチの役割って

大事なあと思います。

 

 

一流のプロのコンサルやコーチも自分も

コンサルやコーチングを受けていると

言われます。

 

 

これはやはり客観的な視点をもつということ

だと思います。

 

 

 

やりがいのある仕事だなあと

つくづく思います。

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「周知のとおり、こと相手が外国となると、

 

どうしても客観的にみることができない。

 

相手国は堕落しきった極悪非道な国のように見え、

 

いっぽう自分の国はあらゆる善と高貴さを

 

代表しているように思われる。

 

敵の行動を評価するときと、自分たちの行動を

 

評価するときとでは、それぞれ違う物差しを使う」

 

 

 

エーリッヒ・フロム

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です