2019.5.06 成功者の9つの習慣とは

(昨日の活動)

 

朝、5時半に起きて、

6時からのミーティングの準備。

 

6時からコンサル仲間の人たちと

ZOOMミーティング。

7時半からは、コンサルを1件。

 

その後はカフェに行って、

ジムへ行って、

部屋の掃除をして、

 

夜は親の誕生日祝いで豪華焼肉。

 

1日満喫していました。

 

 

 

目標達成したい人にはオススメの本です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ゴールデンウィーク中にこの

本を読んだので、ご紹介いたします。

 

 

やり抜く人の9つの習慣

 

 

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0445312

 

 

モチベーション理論の第一人者が

教える心理学的に正しい目標達成

の方法について書いてあります。

 

 

 

 

■仕事や私生活で目標達成できた人には、

共通する思考パターンや行動が

明らかにあるそうです。

 

 

そう考えると、それを意識して取り組む

ことができれば、高確率で成果が出せそう

ですね。

 

 

早速、9つの習慣をお伝えしますね。

 

 

①目標に具体性を与える

 

②目標達成への行動計画を立てる

 

③目標までの距離を意識する

 

④現実的楽観主義者になる

 

⑤「成長すること」に集中する

 

⑥「やり抜く力」を持つ

 

⑦筋肉を鍛えるように意志力を鍛える

 

⑧自分を追い込まない

 

⑨「やめるべきこと」より

 「やるべきこと」に集中する

 

 

ある程度、すでに知っていることは

あるかもしれませんが、

 

大切なのはやはりしっかりと実行

できているかですね。

 

 

 

しっかりと現実的な視点をもつこと

 

■私が一番学びになったのは、

④ですかね。

 

 

現実的な楽観主義です。

 

 

私自身が昔にありがちだったのは、

根拠のない自信。

 

いわゆるとりあえずポジティブに考える。

 

ポジティブに考えるのは大事なのですが、

それが非現実的では意味がないですよね。

 

 

テストで成績をあげると言っても

勉強しないで、「大丈夫いける」

と調子に乗っている生徒は結構います。

 

学力が低ければ低いほどその傾向は

ありますね。

 

 

 

■起業家や経営者も結構あるのでは

ないでしょうか。

 

 

・成功すると決めればできる

 

 

 

よく目標とかは、もう達成している

 

達成したと書くほうがいいと言われます。

 

 

もちろん、その行為はいいと思うのですが、

そのあとが大事ですよね。

 

 

成功は、

 

「正しい選択」

 

「正しい戦略」

 

「正しい行動」

 

によって掴むものなので、

 

勢いや気合い、願っているだけでは

うまくいきません。

 

 

成功は簡単には手に入らないと

考えて努力をおこたらないことですね。

 

 

 

■あとは⑧も興味深い視点でした。

 

「追い込まない」

 

一見、追い込まないと人間は限界を超えないと

思われがちですが、

 

これも無謀にやればいいというわけでは

ないです。

 

 

あくまでも現実的に追い込むべきで、

肉体的、精神的限界はあるし、

時間や資源にも限りがあります。

 

 

自分の力としっかりと向き合いながら

調整していくべきだなあと思いました。

 

 

 

目標達成には必読本かなと思いました。

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「難易度を調整せよ。易しすぎれば、

 

退屈する。難しすぎれば、無力感にとらわれる。

 

自分が全力で挑戦して、やっとクリアできる

 

ような目標を立てよ」

 

 

 

茂木 健一郎

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です