2019.5.24 10年前を振り返って感じたこと

(昨日の活動) 

 

朝、10時から水道橋で 
塾対象の高校入試説明会。 

将来的に英語の入試にスピーキングが 
入ってくるということで 
どんどんと教育業界も変化が 
おとずれていますね。 

これから塾に求められることも 
年々変わってくると思います。 

夕方からは、小6生の体験授業。 
面談をして、今の抱えている課題を 
把握していきました。 

ばっちり入塾いただき、これから 
しっかりとサポートしていきたいと 
思います。 

 

 

 

10年前の自分はこんな状態でした

 

 

 

 

 

 

 

■いきなりですが、 
10年前を思い出してみてください。 

今は2019年なので、2009年ですね。 

 

あなたは、どこで何をしていましたか? 

その時は、どんなことに時間を使って 
いましたか? 

どんなことで悩んでいましたか? 

そして、10年前の自分から今の 
自分は想像できましたか? 

 

■なぜ、こんな問いをしたかというと、 
過去から今を見ることで、 
これからの未来を考えることが 
できるからです。 

 

10年前の私は、 
千葉県柏市に住んでいて、 
小学校の教員をやっていました。 

ちょうど6年生を担任していたかと 
思います。 

平日は、朝5時半には起きて、 
6時45分には学校に行って、 
だいたい19時から20時 
ぐらいまでは学校にいました。 

1日、12〜13時間は当たり前に 
働いていましたね。 

今考えると、かなり長時間 
働いていますね(笑) 

 

■今は、もうやっていないですが、 
趣味でもサーフィン、スノボーに 
熱中している時でした。 

 

春から秋は、エクストレイルに乗って、 
サーフボード積んで、朝5時に家を出て、 
九十九里に行って、午前中2、3時間 
遊んで帰ってくる。 

冬は、スノボー。 
週末に日帰りスノボーに行ったり、 
4年連続で北海道に行ったりしていました。 

あの頃はなんかそれが楽しかった 
んですよね。 

いい思い出です。 

 

■では、未来に対して何か 
自己投資をやっていたかというと、 
何もしてなかったですね。 

本も読んでなかったですし、 
セミナーとかも何も 
参加していません 
でした。 

 

 

未来のために経験をどんどん積むべし

 

 

その1、2年後からですかね。 
自分の将来を真剣に 
考えて動き出したのは。 

ですから、10年前の時には 
今の自分を全く想像できません。 
1%も・・・笑 

まさか教師を辞めて、 
東京でチェンジ塾を開校し、 
経営者になって、コンサル事業まで 
やるとは思っていませんでした。 

 

■そう考えてみると、人生って 
変わるもんだなあと思いますし、 

しっかりと未来を見据えて 
準備していかないといけないなあと 
思いました。 

そのために今は、理想を実現させるために 
経験を積むようにしています。 

 

マラソン、筋トレするのも未来の 
健康のためですし、 

本を読んだり、セミナー、勉強会に参加 
したりするのも将来のためですし、 

メルマガやブログを書くのも 
書く力、自分を律するため、 
コミュニティづくり、ビジネスのため 
ですし、 

今は、未来に向けて着実に経験を 
積んでいます。 

 

さて、2029年には一体 
どんなことをやっているでしょうかね。 

非常に楽しみです。 

 

少なくとも今と同じことをやっている 
可能性は0です(笑) 

なぜなら、チェンジライフ なので、 
変わり続けるしかないのです。 

 

あなたも10年後はどうなっていますか? 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、 

ありがとうございました。 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば 

幸いです。 

 

明日も宜しくお願いいたします。 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言) 

 

「悪い時期ってのは、どこの扉を 

叩いても開かない。外へ向かおうとしても 

ドアが開かないから。 

じゃあ、どうすればいいか? 

内に向かえ、そういう指令なんです。 

内に向かうというのは棚卸しの時期だぞ、 

バーゲンセールの時期じゃないぞってこと」 

 

美輪 明宏 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です