2019.5.29 自分の感情をコントロールしたいなら記録に残すといいですよ

(昨日の活動)

 

 

昨日の午前中は、ライン漫画

にはまってしまい、

すっかりそちらに没頭して

しまいました(笑)

 

久しぶりに漫画を読むと

やっぱり面白い。

たまにこういう時間を

とっていきたいと思います。

 

 

 

ここ数日、暑かったので

ちょっと疲れやすいですね。

 

体調には気をつけたいと思います。

 

 

 

日々の自分の感情ってどんなものか知っていますか?

 

 

 

 

 

 

■日々、生活していると

自分の感情ってロボットじゃないから

一定じゃないですよね。

 

 

嬉しいこともあれば、

悲しいこともあるし、

楽しいこともあれば、

苦しいこともある。

 

 

感情には2種類あります。

 

 

◯ポジティブ感情

安心、リラックス、自己肯定感、

達成感、意味、感謝、完了感

 

 

◯ネガティブ感情

不安、焦り、自己嫌悪、落ち込み、

後悔、恐怖、イライラ、未完了感

 

 

 

その日起きた出来事に対して自分が

どんな感情になっているのか

 

 

何に心が動きやすいのかを

知っておくと自分の感情が

コントロールしやすいと

思います。

 

 

 

感情日記を書いてみるといいです

 

 

■なぜ、記録に残す(書く)ことが

効果的かというと、本人が自分では

フォーカスできないからです。

 

 

特に、ものすごく感情的な出来事が

あった場合は、なかなかその感情から

抜けられずに何日も引きずってしまう

ことがありますよね。

 

 

やり方としては、

 

一番心が動いた出来事を書き、

自分の心の声を書きます。

そして、どんな感情だったのかを

数値化してみることです。

 

 

私の昨日の生活だと

 

 

(出来事)

午前中にライン漫画に熱中して

とても楽しかったが、かなり

長い時間を使ってしまったので、

メルマガを書くのが遅くなった。

 

 

(心の声)

久しぶりに漫画を読んで、とても

熱中して良い気分だった。続きが

気になって仕方がなく、途中で

やめにくかった。予定よりも

かなり没頭してしまったので、

時間を決めて読むべきだったと

ちょっと反省。

 

 

(感情)

楽しい 90%

自己嫌悪 30%

 

 

 

 

■こんな感じですかね。

 

慣れてくれば、5分もあれば

書けると思います。

 

 

これを毎日続けていると、

客観的に自分が見られるようになる

と思いますし、

 

自分の感情の改善点がわかるように

なります。

 

 

人間は感情の生き物ですから、

この感情がだんだんとコントロールできる

ようになると、気分良く生活しやすいと

思います。

 

 

ご参考までに。

 

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「ショックの裏には怒りや悲しみといった

 

感情があります。この感情自体は変えることが

 

できませんが、解消することはできます。

 

そのためには「行動」と「思考」の両面からの

 

アプローチすることが有効です」

 

 

 

 

笹氣健治(心理カウンセラー)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です