2019.6.09 成果の出るやり方をやっているか見直すことが大事

(昨日の活動)

 

 

朝10時から塾のテスト対策。

 

来週末から期末テストが始まる

学校があるので、そのテスト勉強を

しています。

 

生徒一人一人の状況を把握しつつ、

やるべきこと、集中すべきことを

アドバイスしながら指導しています。

 

来週は直前なのでラストスパートを

応援していきたいと思います。

 

 

 

成果の出るやり方を実践しているかどうか

 

 

 

 

 

 

 

 

■はじめに、今日のメルマガは

行動を続けているが、なかなか成果が

出ない人にオススメのものです。

 

 

では、お伝えしていきます。

 

 

 

■私の塾の話をします。

 

今週、中1生の女の子で、

漢字100問テストに

挑戦していました。

 

合格は80点だそうで、取れなければ

再テストになるそうです。

 

 

漢字が苦手だそうで、ここ2回は

50点も取れていない状況でした。

 

 

私が

 

「今回の漢字テストはどう?」

 

と聞いたら、

 

首を横にふり、

 

「無理です・・・苦手なので」

 

と自信なそうな表情で取り組んでいました。

 

 

 

■練習の仕方を聞いてみると、

 

練習はしていないわけではなく、

やってはいます。

 

しかし、話を聞いていて、できない

原因がすぐにわかりました。

練習している様子を見れば

 

「もったいないなあ」

 

と思う行動もしていました。

 

 

 

一言で言えば、

 

適切な漢字の練習法がわかっていない

状況でした。

 

 

案の定、その生徒は

 

練習をしてもそのあとに

出来るかどうかを確認していないのです。

 

 

こういう生徒は本当に多いです。

 

平均点以下の生徒は間違いなく

このパターンばかりです。

 

 

 

うまくいかなければやり方を変える

 

 

■ただ、やみくもに取り組んでも

成果には繋がりにくく、むしろ

やってもできないという

気持ちがどんどん積み重なってきます。

 

 

まさに負の連鎖ですね。

 

 

そこで私が本人の能力を見ながら、

やり方を変えたところ、

かなり覚えることができてきました。

 

「これなら90点以上は取れるよ」

 

と私が言ったら

 

 

 

「え!それは無理です」

 

と言っていましたが、

 

 

「大丈夫、今言ったことをテストまでに

 

やれば確実にいける」

 

と私は言いました。

 

 

 

 

さて、結果はどうなったかというと、

 

 

見事に93点でした。

 

 

 

 

■過去にもっときびしい生徒を

引き上げた経験があるので、

 

私としては予想できていた結果なので

 

 

「よかったねー!やれば出来るよ」

 

と伝えました。

 

 

 

このように、やっぱり成果を出すには

その分野においてのやり方って

あるわけです。

 

 

ですから、うまくいってないなら

やはりやり方を変えるしかないですし、

しかるべき人に教えてもらう必要も

あると思います。

 

 

そんなことをふと再確認した出来事でした。

 

 

 

 

ちなみに漢字テストのやり方は

秘密です(笑)

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もメルマガをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「失敗から何かを学び、それを

 

生かすことを考えなさい。

 

マイナスの現象からプラスの

 

ファクターをつかみとることを

 

考えなさい。

 

そうすれば、その段階で、

失敗という言葉は存在しなくなります。

 

それは成功に至るまでの一プロセスに

しか過ぎなくなるのです」

 

 

 

ジョセフ・マーフィー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です