2019.6.16 失敗はチャレンジしたものだけができる

(昨日の活動)

 

 

塾では、土曜日もテスト対策。

 

直前なので、生徒たちもよく

集中して取り組んでいます。

 

 

最近、つくづく実感するのですが、

この集中力の質ってめちゃくちゃ

大事だなあと思います。

 

 

生徒の様子を見ていても

おそらく生徒によって、2倍、3倍

の差どころか、10倍以上だなあと

思うこともあります。

 

 

失敗に対してどんなイメージをもっていますか?

 

■今日のブログは

「失敗」についてです。

 

 

あなたは、失敗について

どんなイメージをおもち

でしょうか?

 

 

 

・もう人生が終わりだ

 

・人にばかにされる

 

・自己否定された気持ち

 

・お金と時間が勿体無い

 

・私はどうせできないと落ち込む

 

 

まあ、色々とネガティブなイメージ

があるかもしれません。

 

 

 

 

■一方でボジティブなイメージも

ありますよね。

 

 

・失敗から学ぶことがある

 

・失敗したからこそ、

 新しい商品が生まれた

 

・うまくいかない経験をしたからこそ

 自分を磨くことができた

 

・試験に落ちたからこそ新しい

 道に進むことができた

 

 

などなど、色々とありますよね。

 

 

何もしないことの方が失敗よりも価値がない

 

 

 

 

 

 

 

■私は、自分のこれまでの

経歴を話すとけっこうポジティブ、

行動力があると言われます。

 

 

でも、決して昔からそうだった

訳ではありません。

 

なにせ無気力・無関心・無感動

な過去があるので。

 

 

あるときにふと気づいたんですよね。

何もしないことの方が

うまくいかないこと(失敗)よりも

価値がないということに。

 

 

だって、筋トレだって何もしなければ

衰える一方ですよね。

 

 

 

■そういう意味では、自分の負の過去が

プラスとなって今に生きているわけです。

 

そして、同時にチャレンジすることで

経験がどんどん増えるので、後で

その経験がプラスになって返ってきます。

 

 

 

ですから、今は「失敗」に対して

マイナスのイメージではなく、

プラスのイメージをもっています。

 

 

もちろん、うまくいかないと嫌ですけど、

それが成長とセットだなあと思うわけです。

 

 

そうやって私は、自分のマインドをセット

して新しいことにチャレンジしています。

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「一度も失敗をしたことがない人は、

 

何も新しいことに挑戦したことがない

 

人である」

 

 

アルバート・アインシュタイン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です