2019.6.18 とにかくPDCAを一回しするかどうかが大事

(昨日の活動)

 

 

朝6時前に起きて、

頭が冴えていて、活動が

とてもはかどりました。

 

やっぱり朝はパフォーマンスが

いいんですよね。

 

やりたかった事務もスムーズに

進みました。

 

 

とにかくPDCAを回しきる

 

 

 

 

 

 

 

 

■今日のブログのテーマは

 

 

PDCAをとにかくまわすことに

ついてお伝えします。

 

 

昨年は、コンサルタント養成塾、

 

今年は、習慣化コーチ養成塾に

通っていますが、

 

いろいろと知識や技術だけで

なく、そこにいる参加者の

状況も含めて学びにいっています。

 

 

 

 

 

■どんな人が参加しているのか、

 

世代、性別、業種、

 

目指す目標、

 

 

また、参加した人の変化を

特に見ています。

 

 

講座前と講座後でどうなったのか、

 

成果が出た人の割合も含めて。

 

講師の力量やサービス価値が

どうだったのかも参加者として

見ていますし、

 

 

自分が講座開催者だったら

どうするかも今は考えるように

しています。

 

 

 

 

 

■これは、昨年、今年に限らずに

 

これまで参加したセミナーも

そうですね。

 

実際に参加している人たちが

どうなったのかなと。

 

 

これまでの経験を振り返ると

やっぱり2対8の法則は

あてはまるなあと思います。

 

 

それなりの成果が出るのが

2割かなと。

 

 

参加者の半分はそもそもPDCAの

1回しができていないですね。

 

 

 

■例えば、コーチ、コンサルの

養成講座の場合、

 

 

自分のたな卸しをし、

 

ターゲットを決め、

 

商品を作り、

 

集客をし、

 

セールスをする。

 

 

この一連の行動が最後まで

期間ないにできない。

 

 

 

ターゲットがなかなか決まらなかったり、

 

商品が作れなかったり、

 

商品ができても集客する行動が

 

できなかったりします。

 

 

 

結果はコントロールできないけど行動はできる

 

■ここで大事なのは、成約が取れたか

どうかではなく、PDCAを一回し

したかどうかなんですよね。

 

 

最初からうまくできるはずもないので、

完成度は低くて当たり前なんです。

 

 

でも、やってみないとどこで

ひっかかっているのか

わからないし、

 

動いた結果がなければアドバイスの

しようがないですし、改善も

出来ないし、経験にもならない

わけです。

 

 

 

特に初めてやる行動については、

とにかくPDCAを1回しする

ことですね。

 

 

 

これをやるか、やらないかでその人の

成長スピードは格段に違いますし、

 

結果の出方も変わってくると

思っています。

 

 

とにかく何でも良いからやってみる!

 

 

その意識の大切さを改めて感じています。

 

 

 

 

それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「やってみて「ダメだ」とわかったことと、

 

はじめから「ダメだ」と言われた

 

ことは、違います」

 

 

イチロー(プロ野球選手)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です