2019.6.19 何があなたを熱中させたのか

(昨日の活動)

 

 

習慣化コーチ養成講座に参加。

 

明日と来月の成果報告会で

 

終わりなのでもう終盤です。

 

 

 

今日も非常に良い学びでした。

 

 

 

自分の内なる欲求に改めて

気づくことができました。

 

 

 

来月に向けてこれから行動を

 

加速していきます。

 

 

子ども時代に自分の欲求の源がわかります

 

 

 

 

 

 

■昨日の習慣化コーチ養成講座での

 

学びをシェアします。

 

 

 

 

・自分は何がしたいのか、

 

・どんな働き方が良いのか

 

・大切にしている価値観

 

・自分が本当に求めているものとは

 

 

など、

 

そんな自分の内なる欲求を知るのに

 

役に立つワークがあるのでご紹介します。

 

 

 

 

 

■あなたは幼少期や小学生の時に、

どんなことをしたら楽しかったですか?

 

この問いについて考えてみてください。

 

 

いきなりそんな何十年前のこと言われても

困りますよね。

 

でも、きっと何かで楽しんでいたことが

あるはずなんです。

 

 

このワークは、子供のときの

素直な気持ちを思い出してもらい、

 

あなたの中に眠っている欲求を

知るのにとても役立ちます。

 

 

受講者のみんなの反応も良く、

とても効果的でした!

 

やっぱり大人になると、自分の

欲求に対してふたをしてしまうことが

あるので、子ども時代を振り返るのが

おすすめです。

 

 

私の場合はゲームに熱中したこと

 

■私の事例を紹介すると、

 

 

小学校の低学年からテレビゲームに

夢中でした。

 

 

スーパーマリオに始まり、

ドラクエ、FF、ストリートファイター

とにかくゲーム三昧でしたね。

 

 

アホなレベルでやってました(笑)

 

 

きっと同世代の人なら同じような人も

いますよね!

 

 

 

■ここで、大切なのはゲームをやっていた

ことではなく、なぜゲームに熱中していたのか

の理由ですね。

 

 

 

振り返って考えてみると、

 

 

・だんだんとクリアしていくごとに

難しくなる

 

・新しい世界が待っている

 

・うまくなると強くなれる

 

・ドラクエの場合は、みんなで

 戦うのでチームワークがいい

 

 

 

■ここから考える自分欲求は、

 

・成長

・冒険

・チャレンジ

・チームワーク

・達成

・変化

・向上心

 

 

など、いろいろな欲求があります。

 

 

そう考えてみると、

 

今の向上心や自己変容の欲求も

つながることがあることに

気づきました。

 

 

 

■子どもの時の感情ってやっぱり

自分の人生の源になっている

わけです。

 

 

自分の本当に求めている欲求が何なのかは

幼少期を振り返ると

気づきがあるかもしれませんね。

 

 

ぜひ、振り返ってみてください。

 

 

きっと何か気づきがあると

思います。

 

 

幼少期に熱中していたことは

何ですか?

 

そしてその理由はなぜですか?

 

 

 

 

 

 

 

それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「おまえさんないま一体何が一番欲しい

あれもあれもじゃだめだよ

 

いのちがけでほしいものを

ただ一つに的をしぼって言ってみな」

 

 

相田みつを

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です