2019.6.30 わかっているようで、できていないビジネス思考

(昨日の活動)

 

 

昨日は、塾で漢検の実施日

でした。

 

小学生から中学生まで

真剣な表情で取り組んでいました。

 

初めて受ける生徒も多く、

やはり試験に慣れさせるのは

大切ですね。

 

私も3年前に漢検の2級にチャレンジ

したのがいい思い出です。

 

2回目でなんとか合格しました(笑)

 

 

目標からの逆算の仕組み化ができていますか

 

 

 

 

 

 

 

■昨日と今日は、習慣化コーチ

養成講座の動画を見ていました。

 

塾でどうしても途中で抜けてしまって

いたので、参加できていないところを

動画で学んでいます。

 

 

そのマーケティングパートで

改めて非常に学びになるなあと

思うのが、

 

目標からの逆算の仕組み化ですね。

 

 

講師の北野さんの思考と

受講生の人たち(私も含め)

その思考の違いが明らかに

出ていました。

 

やっぱり成果を出している人は

違いますね。

 

 

 

 

■何が違うかというと、

得たい結果に対しての逆算の

仕組み化がしっかりと構築

されていて、

 

その必要性が成功体験として

身についていらっしゃるわけです。

 

 

しかし、受講生側というと、

断片的な事象しか見えて

おらず、

点と点なんですよね。

 

まあ、経験が少ないから見えない

というのが正しいかもしれません。

 

■例えば、バックエンドを売るにしても

どうやってそれを売るのか、

を例にすると、

 

見込み客を作り、信頼関係を構築し、

セールスをするために

流れを作ります。

 

 

①メルマガやLINE @、ブログ

 

②無料オファー、ステップメール

 

③フロントエンド

 

④バックエンド

 

 

そして、それぞれの流れをスムーズに

するために、SNSを活用したり、

広告を使ったり、LPを作ったりする。

 

 

ビジネス思考は意識して鍛えていくべき

■これはあくまでざっくりした流れ

ですが、基本的にこのような感じに

なると思います。

 

そして、これはどんな商売でも

このように成果を出すための仕組みって

あると思います。

 

 

会社でも同じですよね。

 

契約を取るために、

役割分担がなされていて、

仕組みが構築されているわけです。

 

 

 

この仕組みを考える思考が

難しいというか、そもそも

このようなビジネス思考は学校では

習わないですし、

 

わかっているようで、

なかなかそれを実践できている人は

少ないかなと思います。

 

 

あらためてこのビジネス思考をしっかりと

身につけていかないといけないなあと

実感しました。

 

 

 

あなたは、結果を出すための仕組み化は

できていますか?

 

 

この仕組みがしっかりと言語化でき、

数値化できていれば、

大丈夫かなと思います。

 

 

逆にできていないとするならば、

今からでも仕組みを作っていくことを

意識されるとよりビジネスが

うまくいくと思います。

 

 

なんとなくはやっぱりなんとなくの

結果になってしまいがちなので。

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「私の目標の達成率は、いつも

 

70%くらいです。でも、計画的に

 

行動していなければ、おそらく達成率は

 

10%にも満たなかったはずです。

 

たとえ100%でなくても、

 

目標に近づいたことに大きな

 

意味があるのです」

 

 

 

L・タッド・バッジ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です