2019.7.09 学び好きの人、行動好きの人が陥りやすい罠

(昨日の活動)

 

 

昨日は、総合調査という

社会保険の加入漏れとかがないよう調査

するものらしく、

年金事務所へ必要書類を持って行きました。

 

初めてのことで、けっこう大変かと

思ったら5分とかからずに終わりました。

けっこう書類に準備がかかったので、

拍子抜けでした(笑)

 

 

また一つ勉強になりました。

 

 

いろいろとやって成果につながっていますか

 

 

 

 

 

 

 

 

■今日のブログの内容は、

かなり過去の自分自身があてはまって

いて、今も注意していることです。

 

 

おそらく私のブログ読者の人も、

当てはまる人はけっこういるのでは

と思っています。

 

向上心が高く、自己投資している

人が多いですから。

 

 

 

それは、どんなことかと

いえば、いわゆる「学びすぎ、

予定入れすぎ」

ということです。

 

取り組んでいることが多すぎですね。

 

もうメモリいっぱいみたいな。

 

 

・本を読んでいます

 

・セミナーに参加しています

 

・語学の勉強をしています

 

・勉強会に参加しています

 

・筋トレ、運動をしています。

 

 

などなど、いろいろな活動を

やっているわけです。

 

 

 

■いろいろやっているから

当然予定はけっこうつまっていて、

充実感がありますね。

 

学んでいるし、運動もしているから

気分もいいわけです。

 

 

でもですね・・・

 

 

 

それで望む成果は出ている

でしょうか?

 

 

はたして何のためにそれを

やっていますか?

 

 

ただ、やっていればいいわけではない

 

■けっこう学んだり、行動したり

していると、成果はおいといて

いずれやっていれば

 

なんとかなるのではないかなと

思いがちです。

 

希望的観測ですね。

 

 

 

継続は力なりですが、

やはり質が大事です。

 

 

いわゆる読書でいえば、

 

 

・100冊読めばそれで人生が変わるとか、

 

・ブログを1年以上続ければ、

売り上げが上がるとか、

 

・あの人のセミナーや塾にいけば

ある程度は稼げるだろうとか。

 

・あと数年頑張ればきっといけるはず

 

 

 

これは私自身が過去に経験したことです。

 

 

 

 

■もちろん、まったく成果がないわけ

ではないですよ。

新しい行動を起こして、継続して

取り組んでいれば、成長や気づきも

あると思います。

 

 

ただ、やはり常にこの活動を通して

どうなりたいのかのゴールを決めて、

 

意図をもって動き続けないと

望む成果はなかなか出ないなあと

思います。

 

 

 

もちろん、目に見えて成果が出ていて、

絶好調という人はしっかりと成果に

つながる行動になっているので、

良い状態だと思います。

 

 

 

■チェックする一つの問いかけとして、

 

 

「今の行動の延長線上に望む未来は

本当に実現できるのか」

 

 

これを定期的に考え、改善して

いくことが大事だと思います。

 

 

私自身が過去にブログを1000日

以上やって、やめたのも

この延長線上には、あまり価値が

ないと感じたからです。

 

たんに数だけに走っても

自己満足で終わってしまい

ますから。

 

 

いまいち学んだり、行動したりして

いるのにうまくいかない人は、

 

今、やっている行動が本当に成果に

つながっているのか

どうかを考えてみると

良いかもしれません。

 

 

ご参考までに。

 

 

 

 

 

それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「最近の仕事はアイデア勝負、

 

創造性重視のものが急速に

 

増えていますから、

 

会社で机に向かって手を動かして

 

いれば結果が出せるかというもの

 

ではありません。

 

終電ギリギリまで会社にいて

 

企画書の文面だけを練っているより、

 

一歩外に出て、周囲の人の興味をそそるような

 

情報を仕入れる方が、商談は弾むし、

 

ビジネスのヒントも見いだせます。

 

結果として遥かに成果を上げやすいんです」

 

 

小室淑恵 (ワーク・ライフバランス社長)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です