2019.7.21 ダウンタウン松本さんはプロ

(昨日の活動)

 

 

体調があまりすぐれず、

ゆったりと休んでいました。

 

どうも気候の変化にうまく

対応できていなかったようです。

 

今週は、夏期講習の準備や

習慣化コーチ養成講座の

ラストがあったので、

色々とエネルギーを

使ったからかもしれません。

 

 

来週から夏期講習が始まるので

しっかりと充電しました。

 

 

 

宮迫さんの騒動の件で考えさせられたこと

 

 

 

 

 

 

■昨日は、お笑いの宮迫さんと

亮さんの謝罪会見でした。

 

 

あまりよく見ていなかったのですが、

 

今日の朝10時からダウンダウンの

松本さんが生放送でそれについて

語っている番組があり、

 

それで大体の内容がわかってきました。

 

 

 

 

■騒動のことについては特に触れませんが、

 

私が印象に残ったこととして、

 

仕事に対する姿勢や会社のあり方、

 

人を大事にすることを改めて

考えさせられました。

 

 

 

 

■宮迫さんは、18歳の頃から吉本に

入り、30年間頑張ってきたそうです。

 

下積み時代が長く、ほとんどギャラも

もらえずに苦労したそうです。

 

 

そして、ようやく人気が出てきて、

今に至るそうですが、

 

本当にお笑いが好きで、昔、

お笑いに救われたからこそ、

お笑い芸人になったと言って

いました。

 

 

 

 

有事があった際に会社の真価が問われる

 

■松本さんの話が特に良くて、

 

いろいろ世の中辛い時や

しんどい人も多いけど、

 

笑いがその人たちの救いに

なったらいいと思って

やっているし、

 

だからこそ会社は芸人を

大切にしないといけない。

 

 

今回の騒動で、芸人を大切に

できていないと吉本に

危機感を感じ、

 

こんな状況なら俺も吉本に

いる気はないと直談判

したそうです。

 

 

 

■ただ、辞めさせるだけでは

解決にならないし、

 

会社のあり方や騒動の対応が

問われるなあと思いました。

 

 

やはり何事もそうですが、

有事があった際に

本当の会社の姿というものが

出ますね。

 

 

芸能人の騒動は、シャニーズでも

いろいろと問題になっているし、

 

コンビやグループのあり方って

本当に難しいと感じました。

 

 

 

 

■自分が仕事を通して何を

したいのか、

 

どんな人にどんな価値を

届けたいのか、

 

改めて仕事の姿勢や

あり方を考えさせられた

出来事でした。

 

 

それにしても、ダウンタウンの

松本さんは、こんな騒動の

生放送の番組でも

 

ネタを放り込み、笑いを

誘っているのがプロフェッショナル

だと感じました。

 

 

あの場を変える雰囲気は

さすがです!

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

「笑ってるとき、人間はみんな

 

無防備になる。

 

 

この仕事をやっていて嬉しいのは、

 

その無防備な顔を見ているときだ。

 

どんな美人だろうが、男前だろうが、

 

職業も、性別も、年齢も、なんにも関係なく、

 

笑ってるときはみんな無防備で、

 

アホみたいな顔してる。

 

 

その無防備な顔を見られる優越感というか、

 

嬉しさというか

 

 

ダウンタウン 松本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です