2019.8.05 やる気ではなく、〇〇気

(昨日の活動)

 

 

一昨日、千葉の実家で花火大会を鑑賞し、

そのまま実家に泊まりました。

 

久しぶりに叔父さんにも会い、

朝、一緒に電車で帰る時に

いろいろな過去の生活の話を

聞き、これからの

人生に役立つ話も聞きました。

 

その後は、美容院へ。

ここでも店長さんと奥さんと

楽しい会話をしました。

 

 

今日も学びのある1日でした!

 

 

 

やる気のレベルではなく、腹が決まっているか

 

 

 

 

 

 

 

 

■何かに挑戦している時や

目標を達成しようとする時に

 

 

よくやる気が足りないとか、

やる気が続かないとか、

 

聞きますよね。

 

でも、そもそもやる気とか

言っている時点でちがうんですよね。

 

 

 

 

■昨日のブログにも書きましたが、

 

花火を見ながらいろいろと

考えたわけです。

 

 

これからの人生をどう過ごして

いくのか、

 

どうすれば自分の納得のいく人生

になるのか、

 

 

そう考えているときに

自分の腹が決まっていないなあと

気づいたわけです。

 

 

 

 

スイッチが入りきって、その気になっているか

 

 

■ここ数日、競泳のワールドカップが

テレビでやっていて、

選手たちの姿をみていて、

 

本気で人生の勝負をしているなあと

思ったわけです。

 

もちろん、超一流選手なので基準が

違いますが、同じ人間がそうやって

人生の勝負をしているわけです。

 

 

 

 

 

■それは、競泳選手だけではなく、

 

他のスポーツ、

 

ビジネスでも、

 

勉強でも、

 

各業界のトップレベルの人たちは、

日々、勝負をやっているわけです。

 

 

やる気がどうこうではなく、

もう完全にその気になっている

わけです。

 

もうトップを取るために

やると決めている!

 

 

やる気ではなく、その気に

なっていて、

 

完全にスイッチが入りきって

いるわけです。

 

 

 

 

■これが気分でやったり、

やらなかったりで

 

スイッチが入ったり、切れたり

していて、

 

何か物事がうまくいくかって

いう話です。

 

 

あらためて自分の基準の低さに

反省をし、

 

しっかりと気を引き締めていかないと

いけないことに気づきました。

 

 

やる気ではなく、その気です。

 

 

その気になっているかで、

 

その人がどれだけ物事を成し

遂げられるかが

わかりますよね。

 

 

 

 

 

 

それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

「下足番を命じられたら、日本一の下足番に

 

なってみろ。そうしたら、

 

誰も君を下足番にしておかぬ。」

 

 

 

小林 一三

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です