2019.8.11 改善とやっぱり熱量で決まる!

(昨日の活動)

 

 

ゆったりと休み、

リフレッシュ。

 

美味しいものを食べながら、

 

おしゃれな露天風呂で

リラックスしながら

気分を癒していました。

 

こういう時間って本当に

大事ですね!

 

エネルギー充電です。

 

 

腹筋5日目も無事にクリア。

 

 

 

行動がずれていて、改善をしていない

 

■昨日のブログでは、

 

 

成果が出ない原因について

書きました。

 

 

内容はこちら。

https://change-life.world/2019/08/10/2019-8-10-

成果がでない原因はいろいろですよ/

 

 

 

 

 

■それの続きです。

 

 

昨日は2つの原因を書いたので、

残り3つ書きます。

 

 

 

 

3.行動がずれている

 

 

 

やっていることが成果に

繋がらない行動であれば、

もったいないですよね。

 

 

 

むしろやってもやっても

成果が出ないから、

疲弊して行動が止まってしまう。

 

まさに負のスパイラルですね。

 

 

以前、塾の生徒で、独学で勉強する力は

あったのですが、成績が伸びなくて、

お悩みで塾にきました。

 

 

本人の能力と苦手分野を見つけて、

指導したらあっさり

成績上がっちゃいました。

 

 

正直、こういう生徒はポイントさえ

教えれば、あとは自力で成績が伸びるので

非常にありがたいですね。

 

 

 

 

4.行動の改善をしていない

 

 

ついつい行動していれば、そのうち成果が

出ると思いがちですが、

 

ある程度までいくと頭打ちします。

 

これは、私がよく経験していることですが、

ある程度やっていくと慣れもありますし、

飽きも出てきます。

 

新しい目標や次のステップを用意しないと、

同じところでぐるぐるしてしまい、

モチベーションも維持できません。

 

 

 

こういう場合は、新しい学びや目標を設定したり、

その道のプロにコンサルを受けたり

そんな工夫が必要です。

 

 

 

一番重要なのは、やっぱり熱量です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.最後は熱量が足りない

 

 

 

結局のところ思いがあれば成果を出すまで

やり続けると思うので、これが一番だと思います。

 

 

最初からうまくいくわけではないので、

熱量があれば改善もしますし、

行動し続けると思います。

 

 

何が何でもって強い気持ちは大事です!

 

オリンピック選手やプロの選手が

よく言われますが、

一位を取ると決めているから取れる

と思いますし、

 

思いの強さがやっぱり行動に反映

されると思います。

 

 

 

■以上、まとめると

 

 

1.行動をおこしていない

 

2.結果に対しての行動量が足りていない

 

3.行動がずれている

 

4.行動の改善をしていない

 

5.最後は熱量が足りていない

 

 

 

いかがでしょうか。

 

 

きっとうまくいかないのは

どれかが欠けていると思いますし、

そこをしっかりと考えて

 

未来の行動をとっていく必要があると

思っています。

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

「伸びる時期がいつ来るかは、誰にも

 

わかりません。だから努力の結果を

 

短期的に見てしまうと、継続による

 

成果を得ることができなくなってしまいます」

 

 

 

柴田 励司

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です