2019.8.12 価値は自分ではなく相手が決める

(昨日の活動)

 

 

昨日は、朝6時過ぎからランニング。

 

この時間に走ってみてわかったのですが、

6時台なら走れる気候ですね!

 

7時過ぎるとかなり暑くなってくるので、

走るなら6時台、

できれば、5時台がいいなあと思いました。

 

 

それにしても最近は暑くて

走っていなかったので、

やっぱり体がなまっています。

 

これから少しずつ走っていきます!

 

 

 

腹筋6日目も無事にクリア。

 

 

 

自分で勝手に思い込んでいることはないですか

 

 

■あなたが何か相手に価値提供でも

いいですし、評価をしてもらうでも

いいのですが、

 

大事なポイントがあります。

 

 

 

 

■よくこんなことはないでしょうか?

 

 

 

自分の強みやサービスを考えた時に

 

こんなサービスって誰かの役に立つのかな、

 

こんなことができてもしょうがないよね、

 

お金なんて取れないなどなど。

 

 

 

 

評価してもらう時には、

 

 

相手は自分のことを理解してくれない、

 

上司は私のことをよく思っていない、

 

こんなに頑張っているのに認められない、

 

 

などなど。

 

 

 

 

 

■でもですね、

 

よく考えてみてください。

 

 

上記に書いたことって全て自分視点

なんですよね。

 

自分が勝手に思っていることなんです。

 

ですから大切なのは、

 

価値は相手が決めるという

視点を常にもっていくことが

大切だと思います。

 

 

 

相手が何を求めているか考え続ける

 

 

 

 

 

 

 

■いくら自分が最高傑作だと言っても

相手にとっては、それほどでもないときも

あるでしょうし、

 

その逆にこんなことなんてと自分で思っても

ものすごく評価されることもあります。

 

 

 

 

■私が最近つくづく実感するのが

スイーツ業界の価格です。

 

かき氷にしても、パンケーキにしても、

パフェにしても、1000円以上は当たり前。

 

高いのは、2000円、3000円する

のもある。

 

 

私が子供の時はまずスイーツに1000円は

ありえなかったですね。

 

 

 

■これも過去の前例からの自分視点ですね。

 

「1000円以上のスイーツなんて

考えられないよ」って

ずっと思っていたら

 

今の高価格帯のスイーツは誕生しなかった

わけです。

 

 

ですから、相手視点を常にもち、

何が求められているのか、

 

しっかりと考えていく必要がある

と思います。

 

 

 

 

 

 

■相手からの評価も同じですね。

 

 

評価してくれないではなく、

 

どうしたら評価してもらえるのか、

 

相手に求められていることは?

 

という視点をもって行動していくこと

だと思います。

 

 

 

私自身もまだまだこの相手視点が欠けているので、

しっかりと意識して行動をして

いきたいと思います。

 

 

もし、メルマガでこういうことを書いて

欲しいという要望がありましたら

ご遠慮なくお知らせください。

 

 

できる限り、お役に立てる内容を書いて

いきます。

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「寒さにふるえた者ほど太陽を暖かく感じる。

 

人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る」

 

 

 

ホイットマン

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です