2019.8.13 骨太の理由がないとやっぱり弱い

(昨日の活動)

 

 

だいぶここ数日に疲れがたまって

いたのか、ゆっくりと朝9時まで

睡眠充電。

 

 

それから出かけて、気分もリフレッシュ。

初めてコンビニではない、タピオカ専門店で

ドリンクを飲みました。

 

結構甘いですが、美味しかったです。

 

それにしても種類やトッピングが

色々とあって驚きました。

すごく研究されているなあと

実感しました。

 

流行りを体験できて、また一つ経験値が

増えました。

 

 

目標達成には骨太の理由がカギ

 

 

■今日は、目標達成にはとても必要な

ことなので、それについて

ブログでお伝えします。

 

 

これが弱いとやっぱり

うまくいかないですね。

 

 

 

 

■本屋に行ってみると、

 

自己啓発系の本やノウハウ、

テクニック本などが山ほど

あふれています。

 

資格にしても、

 

語学にしても、

 

受験本にしても、

 

ビジネス書にしても、

 

関連の本が山ほどあります。

 

 

 

 

■明らかに10年前よりも

その分野に関してのノウハウや

知識の本は増えているはず

何ですよね。

 

 

でも、一方で成果が出ている人が

増えているかというと、

 

そんなに増えているようにも

感じません。

 

しっかりとやっている人と、

やっていない人とで二極化している

ような気がします。

 

 

 

 

 

■では、なぜ二極化してしまうかと

言えば、

 

 

私自身の経験も踏まえてですが、

 

それを実現したい理由が

どれだけ強いかということです。

 

いわゆる本気度、骨太の理由が

あるかですね。

 

 

 

 

■これがないと、

いくら習慣でやっていたとしても

やはり質や量のレベルから見ても

どうしても低くなってしまうわけです。

 

 

同じレベルのことをただ積み上げていても

質的な転換は起きないでしょうし、

 

なかなか劇的な変化は生まれにくいです。

 

 

 

人・本・旅で自分の感性を磨く

 

 

 

 

 

 

 

 

■そして、厄介なところがこの

骨太の理由をもつのが

なかなか難しいなあと感じています。

 

 

特に現状、それほど困っていない人や

悪くはないけど、もう少し変えたいなあ

って思っている人が

 

「絶対に達成する!」

 

という思いをもちにくいのです。

 

豊かになってきた分、ハングリー精神が

なくなってきたと危惧されていますよね。

 

 

 

 

■では、どうしたらいいかと言えば、

 

自分にスイッチを入れてくれる体験を

することが大事かなと思います。

 

 

 

以前、ライフネット生命の出口さんの

講演を聞いたことがありますが、

 

「人・本・旅」が自分に良い影響を

与えてくれると言われていました。

 

 

 

 

 

■確かに、何かのきっかけで

 

「こうなりたい」と

思うことってあると思います。

 

それが人との出会いだったり、

 

良書の影響だったり、

 

旅での気づきだったりする。

 

 

いつもと同じ日常だとなかなか

新しい発想が生まれないですよね。

 

 

ですから、いまいち動機付けが弱いと

思ったら、今一度原点に戻って

考え直してみるのも必要かなと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「思索する人として行動し、

 

行動する人として思索せねばならない」

 

 

アンリ・ベルクソン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です