2019.8.19 良いところを見つける癖をつける

(昨日の活動)

 

午前中は、部屋の掃除をして、 
午後はジムへ行って、 

それからカフェに行って、 
都立入試の過去問を解いて 
いました。 

時間を区切ってテキパキと 
行動するのはいいですね。 

夜9時からは、 
ドラマ「ノーサイド・ゲーム」 
を観ました。 

2週間ぐらい前から観て、 
すっかりはまっています。 

心を熱くさせるドラマですね。 

 

 

 

日々の行動からプラスの面を見つけていく

 

 

 

 

 

 

 

■人間は、毎日、毎日 
何百もの行動をしていますよね。 

朝、起きて 
うがいして、歯磨きして、 
顔洗って、 

掃除して、朝食を食べて、 
洗濯して、 

それから仕事して、 
趣味をしたり、 

くつろいだり、 
買い物行ったり、 

家事をしたり、 
育児をしたり、 
いろいろですよね。 

まあ、色々と無意識レベルで 
やっていると思います。 

そうやって一日がスタートして、 
昼になり、夜になって寝る。 

 

 

■終わってみれば、何気ない一日かも 
しれませんが、 

よくよく振り返って見ると、 
自分にとってプラスな行動や 
良かった出来事って結構あると 
思うんですよね。 

 

 

でも、これって意識して 
振り返らないと 
単に流れていくわけです。 

特に何もない一日だったなあって、 
過ぎ去っていく。 

それでは非常に勿体無いので、 
価値ある一日にするために 
良い方法をお伝えします。 

 

 

 

1日の終わりに自分を認めていく

 

 

■それは、寝る前でもいいので、 

「今日の一日で良かったことを 

10個考えてみる」 

そんな大それたことでなくて 
いいです。 

些細な小さな良かったことが 
大事です。 

 

 

■例えば、私の昨日の一日でいえば、 

・掃除していなかった棚を掃除できた 

・ジムに行って運動した 

・美味しいトンカツを食べて幸せだった 

・カフェで勉強がはかどった。 

・セミナー音声を聞いて、気づきがあった 

 

などなど、ちょっと振り返るだけでも 
けっこう出てきます。 

良いところが見つかれば、 
見つかるほど、気分が良くなります。 

 

 

■もし、なかなか出てこない人は、 

良いことを見つける癖が足りないかも 
しれませんね。 

人間は、どうしても悪いところは 
すぐに見つけますが、 
良いところはなかなか見えないものです。 

これは一つの訓練かなと思います。 

そして、この振り返りをしていくと、 
自分だけでなく、人の良いところまで 
見つけることができるように 
なります。 

 

ぜひ、試してみてくださいね。 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、 

ありがとうございました。 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば 

幸いです。 

 

明日も宜しくお願いいたします。 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言) 

 

 

「毎日の仕事の中で、自分で自分を 

褒めてあげたいという心境になる日を、 

一日でも多く持ちたい」 

 

松下 幸之助 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です