2019.8.24 方法論以前にやろうというエネルギーがあるか

(昨日の活動)

 

 

夏期講習の最終日でした。

 

 

約1ヶ月にわたる講習で、

なかなかハードでしたが、

予想よりも充実した講習になったと

思っています。

 

 

特に受験生にとっては

次のステージへ進む良いきっかけに

なったと感じています。

 

 

 

方法論の前にエネルギーがありますか

 

 

 

 

 

 

 

■何かの分野でより成果を出そうと

思ったなら、

 

 

方法論も大事なのですが、

それ以前に大前提があるなあという

ことです。

 

 

私自身が成果を出している人、

出していない人、出せていない人を

見てきて一番実感するのが

エネルギーの差かなと思っています。

 

 

 

 

■例えば、

 

 

成果を出している人を5のエネルギー

とすると、

成果が出ていない人は、2か1のレベルかなと

思っています。

それ以下もいますが(苦笑)

 

 

思考レベル、行動レベルの差が

おそらく数倍以上はあると思います。

 

 

 

 

■過去に成果が出ていない人や愚痴が

多い人と関わったことがあるのですが、

 

その人たちに共通している点が

圧倒的にその分野に取り組むエネルギー

が低すぎるということです。

 

 

え! そのレベルでやっている

つもりなの?!って

正直思いました。

 

 

それじゃあ、方法論以前の

問題だよなあと。

 

 

きっとブログの読者の皆さんも

そういうレベルの人と

関わったことがあると

思います。

 

 

 

決断力、覚悟、熱量が実は問題

 

■これはあくまで低いレベルでの

話ですが、

 

これは上位レベルでも同じことが

言えると思うわけです。

 

 

トップ1%以内の人から見れば、

きっとトップ10%レベルの人

のエネルギーは相当低く感じると

思います。

 

 

 

■やり方がどうこう以前に

基準の差とも言えるかも

しれません。

 

 

私のメンターの鮒谷さんにも

言われたことがあるのですが、

 

 

ほとんどの人はそもそも

始まっていないレベルで

ビジネスをしているし、

ぬるすぎると。

 

 

それじゃあ成果がでなくて当然だし、

前提の力が足りなすぎると。

 

 

 

 

■ですから、私も含めて大抵の人は

成果が出ないと方法論に走りがちですが、

 

そもそもやろうというエネルギーが

どうかという話。

 

決断力や覚悟の部分も含めてですね。

 

 

自分を戒める意味でも

取り組む姿勢についてのブログを

書いてみました。

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

「守りに入り

年間二割や三割ずつ

売り上げを伸ばしてみても

しょうがない。

 

どうせ一回しかない人生

悔いを残さないように

自分の思うとおりにやろう」

 

 

孫正義

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です