2019.8.29 ダメな時があるのは当たり前!

(昨日の活動)

 

 

昨日は、習慣化コンサルタント

の古川さんの

「習慣化大全」を読みました。

 

 

習慣化コーチ養成講座の内容の

復習にも役立ち、改めてこの内容の

価値を実感しました。

 

 

今後のブログでも

内容を絡めて紹介していきますね!

 

 

 

1勝9敗でもいいからというスタンス

 

■やらなければいけないのに、

どうにもやる気にならない、

 

 

前向きになろうと思っても

なかなかこの気持ちを払拭できない

 

頑張っているのに、

とにかく上手くいかない

 

 

こんな風に絶不調の時って

人間だからあると思います。

 

 

本当にしんどいですよね。

こんな時って・・・

 

 

 

 

■そういう時にオススメな

対処法としては、

 

ダメな時もあるって認める

ことですね。

 

むしろそれが当たり前だと。

 

 

そもそもなんでも上手くいったら

苦労しませんよって話ですよね。

 

 

 

■ユニクロの柳井さんの本に

 

「一勝九敗」

 

という本があります。

 

 

10回挑戦して9回負けたとしても

1回勝てばいい。

 

 

もしかしたら、その1回で活路が

開けるかもしれないし、

 

負けた9敗よりも大きな価値を

産むかもしれない。

 

最初の負けは、後の勝ちへの

布石かもしれない。

 

 

 

 

上手くいかない時は試されている

 

 

 

 

 

 

■そう考えてみると、

上手くいかないことも当然あるわけで、

しんどい時こそ自分が試されていると

思った方がいいですね。

 

 

悪魔のささやきとして、

 

「もう上手くいかないから

 やめてしまえば」

 

 

「どうせ無理なんだよ」

 

 

そんなささやきに打ち勝てるかどうか。

 

 

色々な葛藤があると思いますが、

上手くいかないことも

含めて、向き合っていくことが

大切かなと思います。

 

 

 

■1点注意としては、

上手くいかない時にがむしゃらに

やればいいわけではなく、

 

休んだり、人に相談したりすることも

重要です。

 

上手くいってない時ほど、

自分だけの視点になりがちですから。

 

 

視点を変えることも一つの選択肢かと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

 

「一つひとつの悲しみには意味がある。

 

時には思いもよらない意味が。

 

どんな悲しみであろうと、

 

それはこのうえなく大切なもの。

 

太陽がいつも朝を連れて来てくれるように、

 

それは確かなことなのですよ」

 

 

 

- エラ・ウィーラー・ウィルコックス -

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です