2019.9.03 早起きが失敗する8つの原因

(昨日の活動)

 

 

朝5時半に起きて、

6時半に家を出て、

両国の勉強カフェへ。

 

 

朝から3時間、目標設定から

読書、メルマガなど、

充実した時間を過ごすことが

できました。

 

やっぱり早起きはいいですね。

 

 

昨日、ブログで書いた早起きの

メリットを実感しています。

 

 

 

■それから今回、メルマガ1周年記念として、

 

90分の個別コンサルを

通常 21600円ですが、

75%OFFの

5400円で提供させていただきます。

 

 

本日9月3日までのお申し込み

の方限定です。

 

 

今お悩みがある方は、良い機会かなと

思っています。

 

対面、ZOOM

どちらでも可能です。

 

ご希望の方は、

こちらにご連絡ください。

 

 

masa5123@yahoo.co.jp

 

 

 

早起きの習慣は難易度が高い

 

■昨日のブログから

全5回にわたって、

 

 

「早起き」をテーマにブログを

書いていきます。

 

昨日は、第1回目でした。

 

 

早起きのメリットをお伝えしましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

メリットが山ほどありますよね。

 

 

詳しい内容はこちら。

 

https://change-life.world/2019/09/02/2019-9-02-

早起きしたい人は必見ですよ/

 

 

 

 

 

 

■さて、早起きのメリットは理解して

いただいたと思いますが、

 

「でも、そんな簡単に早起きできないよ」

というお悩みが多いと思います。

 

 

そこで、今日のブログでは、

なぜ早起きが難しいかの理由を

お伝えしていきます。

 

 

 

 

■三日坊主がよくあるのは、

人間には「いつも通り」を

維持する習慣引力の法則が

あるからです。

 

 

 

良い習慣が続かないのも、

悪い習慣が直らないのも、

 

これまで通りを維持したいと

いう変化を拒む人間の脳の

メカニズムがあるからです。

 

 

 

■起きるリズムは体内時計が

関係しており、身体習慣に

関わるもので、習慣化の定着には

3ヶ月はかかると言われています。

 

 

また、早起きの習慣が難しいのは、

寝る時間や起きる時間は、

複雑な習慣の積み重ねの結果だからです。

 

 

 

学習の習慣や片付けの習慣は、

単独のものですが、

 

早起きには、仕事や人間関係、

家族との時間、平日、土日の

リズムの違いなど、

 

自分でコントロールしにくい

ところがあるからです。

 

ですから、早起きの習慣は

生活習慣全体で考える必要があるのです。

 

 

 

 

早起きが失敗する8つの原因

 

 

 

 

 

 

 

■早起きが失敗する8つの原因

 

 

ここでは、よくある失敗例をお伝えします。

 

 

① 一気に5時起きにシフトする

 

いきなり急激に変えると、体が慣れておらず、

すぐに挫折します。

 

 

 

②起きる時間だけを目標にしている

 

寝る時間を変えずに起きる時間だけを早めると、

寝不足が重なり、やはり続きません。

 

 

 

③睡眠時間を削る

 

寝不足による睡魔との戦いは、

意思や根性にも限界があります。

 

 

 

④生活習慣全体を一気によくしようとする

 

仕事の時間や飲み会、土日のリズムなど、

色々変えようとするとその反動が必ず出ます。

まずは1つを意識して取り組むべきです。

 

 

 

⑤突発的・イレギュラーな予定に振り回される

 

出張や急な残業、家族との時間などで、

最初は順調でもあることをきっかけに

崩れてしまい、元に戻ってしまうことが

あります。

 

 

 

⑥早起きをする明確な理由がない

 

早起きしたい人は多いですが、

 

「早起きした方が健康的だよなあ」

 

と、なんとなくいいと思っているレベルでは

難しく、習慣にするには、骨太の理由が必要です。

 

早起きをして、〇〇を達成したい、

実現したいという思いが大切です。

 

 

 

⑦手放すものが決まっていない

 

 

早く寝るには、これまでやっていたことを

やめる必要があるわけです。

 

それを手放さずに、生活リズムだけを

変えようとするのは無理があります。

 

 

 

⑧早起き+αでやろうとする

 

 

早起きして勉強しよう、

 

早起きして運動しよう、

 

と2つを同時にやろうとするのは

かなりハードルが高いです。

 

習慣化の原則はまずは1つです。

 

 

 

 

 

 

■さて、8つほど挫折しやすい原因を

書きましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 

もし、当てはまるものがあればそれを

解消することで早起きできる確率が

高まります。

 

 

 

それでは、明日のブログでは、

これらを上手に乗り越えるための

「早起きメソッド」をご紹介いたします。

 

 

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

『時間をつくるもっとも簡単な方法は、

 

 あまりに単純すぎて、多くの人が

 

見落としていることです。

 

 つまり、早起きをすること』

 

 

 エクナット・イーシュワラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です