2019.9.04 根性や意思に頼らない起きる技術

(昨日の活動)

 

 

朝6時に起きて、

両国の勉強カフェへ。

 

今日も読書をしつつ、

メルマガを書きました。

 

そのあとは、日暮里に所用

があったので、行ってきました。

 

インパクトのある体験をし、

いい学びになりました。

 

 

 

早起きにも成功させるノウハウと技術がある

 

 

 

 

 

 

 

 

■月曜のブログから

全5回にわたって、

 

 

「早起き」をテーマにブログを

書いています。

 

昨日は、第2回目でした。

 

 

 

これまでの内容ですが、

こちらです。

 

①早起きしたい人は必見ですよ

https://change-life.world/2019/09/02/2019-9-02-

 

 

②早起きが失敗する8つの原因

https://change-life.world/2019/09/03/2019-9-03-

 

 

 

 

■さて、昨日のブログでは、

 

「早起きが失敗する8つの原因」について

書きましたが、いかがでしたでしょうか。

 

参考になりましたか?

 

私は、この8つはどれも

経験があります。

 

 

そこで、今日のブログでは、

 

これらを上手に乗り越えるための

 

「早起きメソッド」を

 

ご紹介いたします。

 

 

 

 

 

■やはり何事もそうですが、

うまくいくためのノウハウや技術が

あります。

 

 

早起きにもその原則があり、

うまくいってない人の多くは

それを知らなかったり、

 

実行していなかったりするから

だと思います。

 

 

 

 

早起きの基本5原則とは

 

■では、早く起きるための技術、

基本の5原則をお伝えします。

 

 

①起きる時間ではなく、

寝る時間に集中する

 

 

多くの方が挫折するのは、

起きる時間だけ早くして、

寝る時間を早めていないことに

原因があります。

 

早く寝れば、早く起きられるが

原則です。

 

 

 

 

②睡眠負債が発生しないように

 十分の睡眠を取る

 

 

睡眠負債とは、借金と同じような

もので、それが溜まると、

朝が起きられなくなり、

挫折につながります。

 

また、睡眠負債があると、

起きている時間のエネルギーが

下がってしまうからです。

 

 

 

③1度に一つの習慣でいい

 

 

どうしても早起きをしたら、

勉強してとか、運動してとか

早起き+αで取り組もうとしがちです。

 

でも、早起きしたけど、勉強や

運動のやる気がおきなかったから

二度寝しましたでは本末転倒です。

 

ですから、まずは早起きを意識して

取り組むということでいいと思います。

 

 

 

 

④センターピンを守る

 

センターピンとは、ボーリングでいう

真ん中のピンのことで、

これが倒れれば、他の9ピンも

倒れやすいですよね。

 

いわゆるキモとなる

行動やルールですね。

 

早起きするためのセンターピンは、

「寝る時間を守るための行動」です。

 

 

それは人によって異なり、

退社時間の人もいれば、

夕食の時間やお風呂の時間の人も

いると思います。

 

 

 

⑤ボトルネックを想定する

 

 

ボトルネックとは、

理想の生活習慣の邪魔をする

突発的な予定や誘惑です。

 

例えば、

 

・急な残業

 

・付き合いの飲み会

 

・家族との生活リズムの違い

 

・ネットサーフィンやテレビ

 

・土、日のイベント

 

などです。

 

 

 

ですから、このような場合は、

例外ルールや土、日曜のパターンを

作って柔軟性を持たせることが

大切になります。

 

 

特に、完璧主義の人は、1回、2回守れないと

それでやめてしまいがちですが、

 

少しずつ改善していくことが大事なので、

小さな成長を認めることも大切です。

 

 

 

 

■以上のように、早く起きるための技術、

基本の5原則をお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

こうやって見ていくと、

やはり早起きを習慣化するには、

生活習慣全体を考えていく

必要があります。

 

なかなか早起き習慣が定着しないのも

よくわかりますね。

 

 

 

それでは、明日のブログでは、

朝型生活に移行するための

5つのステップをご紹介いたします。

 

 

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

「今日という日を無駄にぶらぶら過ごすと、

 

明日は、また同様に無駄な一日となり、

 

やるべきことをさらに先延ばししてしまうものだ」

 

 

(ゲーテ)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です