2019.9.09 災害が起きた時に次の準備を

(昨日の活動)

 

 

昨日の夕方から風が強くなり、

深夜から台風の接近で雨風が

ひどくなりました。

 

千葉県や羽田空港では、観測史上初の

最大風速だったそうで

台風の影響の大きさを物語っていますね。

 

停電も関東中心で90万軒だったようです。

 

朝の交通機関も影響し、

朝8時までは、関東のほとんどの

私鉄各線は使えず。

 

 

 

これ以上、影響が出てないことを

願うばかりです。

 

 

 

台風の影響は大丈夫でしたか

 

 

 

 

 

 

 

 

■今日は、朝起きたら

家の周りの影響はそれほどなく、

葉っぱの掃き掃除で済む程度

でした。

 

塾の教室も見ましたが、

壁に貼ってあるものが取れているのと、

 

階段や入口に葉っぱや砂があるぐらいで

大丈夫でした。

 

塾の立て看板が壊れたらどうしようか

気になっていましたが、

無事で何よりでした。

 

 

とりあえず一安心です。

 

 

 

 

■お昼前にジムへ行ったのですが、

駅周辺がものすごい人だかりでした。

 

どうやら駅に入れない人で

あふれていました。

 

午前10時には電車は動いていると

思っていましたが、

どうやらうまくいってないようでした。

 

お昼でこの状態だと、交通機関は

夕方ぐらいまではアウトかなと

思いました。

 

 

それを横目にジムへ行ったら、

ジムの上にある看板か何かが落ちそうに

なっていて、業者の人が対応しているのが

見えました。

 

 

やっぱり色々なところで影響が

出ているなあと。

 

 

こういう時にこそ真剣に考えるチャンス

 

■今回、関東中心に90万軒停電という

こともあり、もし停電になったら

塾はできないし、

 

この暑い中、冷房や冷蔵庫が使えないのは

生活上、致命的だと思いました。

 

 

これもやっぱりこういう危機があって

こそ真剣に考えるわけで、

 

 

東日本大震災の時に一時水が使えなくて、

その不便さを改めて思い出しました。

 

 

 

 

■いざという時に防災に備えると

いいますが、

 

防災グッズを持っているぐらいで

なかなかイメージがわきにくいです。

 

 

でも、今回このような出来事が

起きて、

 

自分のビジネスや生活も含めて

対応を考えていかないといけない

なあと強く思いました。

 

 

危機管理の重要性ですね。

 

 

なかなか日頃では考えられないので

いい機会でした。

 

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

「心のどこかに「JALが潰れるわけはない」

 

という気持ちが社内にあったのではないかと

 

思います。しかも、経営が危機的な状況に陥っても、

 

そういう誤解を続けていたのではないか。

 

そこが、我々の最大の反省点だと思っています。

 

この意識を変えていかない限り、

 

また同じことが繰り返される危険性があると思います」

 

 

大西 賢(JAL社長)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です