2019.9.14 すべらない話にはすべらない理由がある

(昨日の活動)

 

 

昨日が朝早かったせいも

あり、睡眠充電。

 

やっぱり7時間は睡眠を

確保したいところですね。

 

ここ2週間定点観測をしてみて、

そのぐらいがパフォーマンスが

高いことがわかりました。

 

 

マラソンも少しずつエンジンをかけ、

10月の後半にハーフマラソンを

申し込みました。

 

 

12月8日の佐野マラソンに向けて

着々と準備を進めていきます!

 

 

 

すべらない話にはまっています

 

■人志松本のすべらない話って

奥が深いですよね。

 

これまであまりよく観ていなかった

のですが、

 

先日、録画していたのを観ていて

すっかりはまっています。

 

 

最初はふん、ふん、

なるほど。

思ったより面白いなあって

 

 

そして観ていくうちに

めちゃくちゃおもろいやんけー!って

なりました(笑)

 

 

ちょっとした小話に

ストーリーがあり、

勉強にもなります。

 

 

 

 

■流石にすべらない話なだけに

 

全然、すべらないんですよね。

 

さすが芸人、喋りのプロだと

思うわけです。

 

 

 

さて、ただ話が面白かったでは

勿体無いですよね。

 

 

そもそもなぜ、

すべらないのかということを

ちょっと考えてみました。

 

 

 

 

■あなたもちょっと考えてみてください。

 

 

なぜ、すべらない話はすべらないのか?

 

 

 

私なりに理由を考えてみると、

 

一言で言えば、

 

「徹底した準備」に尽きる

 

と思います。

 

 

 

■だいたい話の時間として、

3分から長くて8分ぐらいで

構成されています。

 

 

まず、すべらないためには、

当然、いいネタが必要なわけです。

 

 

これまでの自分の経験を振り返り、

どんなネタを用意するかを

考えますよね。

 

そして、最初の導入の話はこれで、

どういう展開にして、

どのタイミングでグッとつかみ、

最後のオチを作るか。

 

 

ものすごく研究されている

わけです。

 

 

 

 

 

■そして、それをもとに

徹底して練習しているわけです。

 

話すスピードはどのぐらいがいいか、

声の大きさや表情、

セリフの間とか、

 

かなり絶妙のあんばいがあると

思います。

 

 

すべらない話を観ていて、

どの芸人さんもそうですが、

 

掴む時やオチの時の

声の大きさやリアクションが

めちゃオーバーなんですよね!

 

言っている本人が気が乗っている

感じですね。

 

 

こう言った用意周到の準備がある

からこそ、

 

すべらないんだなあと思うわけです。

 

 

 

やはり徹底した準備が大切

 

 

 

 

 

 

 

■そう考えてみると、

自分のビジネスの取り組み方や

スポーツや勉強でもなんでも

いいのですが、

 

そのレベルで徹底した準備を

しているかということです。

 

 

すべらないためにどれだけの

準備をしているか、

 

それがあるからすべらない、

すべりにくいのだと

思いました。

 

 

私もすべらない話を観ながら、

すべらないサービスを作って

いこうと思います。

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「僕はただ笑いの才能があるから、

 

お笑いをやっているのではない。

 

まず才能があり、好きだから、

 

お笑いを追及しているのだ」

 

 

松本 人志

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です