2019.9.17 負けたくない気持ちが何より大事

(昨日の活動)

 

 

朝のテレビのニュースを見ていたら

マラソンのMGCの話題ばかり

でした。

 

 

正直、日曜にMGCがあったことすら

知らず、ニュースに釘付けになって

いました(笑)

 

男子はかなりの接戦だったようで、

ドラマがありました。

 

おかげでマラソンのモチベーションが

上がってきました。

 

練習頑張ります!

 

 

 

MGCのマラソン大盛り上がりでした

 

 

■昨日は、1時間以上MGCの

ニュースを見ていたのですが、

 

とても見応えがありました。

 

マラソンという視点だけでなく、

結果を出した選手がどうやって

この日までやってきたのか、

 

レース展開での思いなど、

学ぶべきことがたくさんありました。

 

 

 

 

 

■男子は、かなりの接戦で、

ゴールまで3選手がバトルをしていて、

最後の最後まで盛り上がっていました。

 

 

先行逃げ切り作戦に出た

設楽選手は残念でしたが、

 

自己ベストを狙う

オリンピックを見据えた戦い方が

気持ちの強さを表していました。

 

ただ、帽子もかぶらず、

氷も使用していなかったので、

暑さ対策が課題だったかもしれませんね。

 

 

 

一番の学びはやはり諦めずに頑張る力

 

 

 

 

 

 

 

■さて、今回一番の学びは、

 

 

女子マラソンでぶっちぎりの優勝をした

前田穂南選手です。

 

2位に4分近くも差をつけて、

余裕の勝利でした。

 

レース後に、本人も

 

「別に抜け出すつもりはなくて

自分のペースで行ったら、

誰もついてくる人がいなかった」

 

と言っていました。

 

 

 

 

■ちなみに驚きなのが、

前田選手は、高校時代に陸上部に所属して

いたのですが、3年間補欠だったそうです。

 

ですから、高校時代は全くの無名の選手。

 

 

それが、5年後にはMGCで優勝。

オリンピック選手になったわけです。

 

 

果たして、その高校生当時にどれだけの

人が、前田選手がオリンピック選手になると

想定できたでしょうか。

 

 

 

 

 

■ちなみに友人の話だと、

前田選手は、昔から負けず嫌いで、

かなり気持ちの強い人だったそうです。

 

今回のMGCのレース前も絶対に

優勝すると決めて走ったそうです。

 

 

これを知って私は、改めて夢を実現するのは

気持ちの強さだなあと再確認しました。

 

 

高校時代に補欠だろうと、諦めずに

そこから頑張り、オリンピック選手になった。

 

 

ものすごいことだと思います。

 

 

やはり負けたくないという

反骨精神はめちゃくちゃ大事ですね。

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

「長い階段を一気に上がろうとすると、

 

途中でへばってしまう。

 

でも一段ずつ確実に上がっていけば、

 

時間はかかっても頂上まで上がることができる」

 

 

高橋 尚子

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です