2019.9.19 誰でも最初は初心者、そこからが分かれ道

(昨日の活動)

 

 

朝から5kmランニング。

 

自分の先送りしたい葛藤に

負けずに走りました(笑)

 

この小さな勝利がものすごく

大事です。

 

 

それから新しく名刺を発注しました。

 

コンサル実績も更新しつつ、

メルマガ登録のQRコードも

のせました。

 

これからどんどんパワーアップして

いきます。

 

 

 

どんなすごい人も最初は0から

 

 

■今日は、新しいことを始める上での

大事なマインドセット(心構え)の

ブログです。

 

 

これから新しいことに挑戦したい人、

もうスタートしている人、

まだ一歩踏み出せない人に

お役に立てると思います。

 

 

 

 

■何か新しいことを始めるときに

当たり前の話ですが、

 

誰でも実績もないし、経験もないし、

初心者ですよね。

 

どんな超一流のプロ選手や達人と

言われる人だって最初は初心者だった

わけです。

 

 

そこから1ヶ月、半年、1年、

5年、10年と経験を積み、

一流になるわけです。

 

 

■ですから、やったことないから

無理と最初から諦めてしまうことは

非常にもったいないと思っています。

 

 

きっと最初から結果を求めすぎなの

かもしれないですし、

コツコツとやる大切さを知らない

からかもしれません。

 

 

 

積み上げていけばそれなりのレベルにはなれる

 

 

 

 

 

 

 

 

■私自身の経験でお伝えさせて

いただくと、

 

学生時代に帰宅部だった私が、

教師時代にマラソンを走り始め、

 

最初は1、2km練習から始まり、

10kmレースに出て、ハーフに

出て、2年後にはフルマラソンを走って

いました。

 

 

そして、数年後にはフルマラソンを10回

以上走り、100kmウルトラマラソンまで

完走しました。

 

 

正直、学生時代の自分からは想像もできない

状況です。

 

学生時代よりも今の方が運動神経が

いいわけですからね(笑)

 

これが、帰宅部だったから最初から無理と

言っていたら何も実現できなかったはずです。

 

 

 

 

■マラソンやっている人って意外と

年配の人が多いので、

 

50代から走り始めて3時間台で走る

人もザラにいますし、

70代でも私よりも速い人もかなりいます。

 

 

そう考えると、別に私だけの話ではなくて、

だんだんと積み上げていけば、

それなりのレベルまでは

いけるということです。

 

 

 

 

■これは、別にマラソンだけの話ではなくて、

勉強やスポーツ、ビジネスや趣味でも同じことが

言えます。

 

 

ですから、何かやりたいと思ったら、

やった方がいいんですよね。

 

 

やらなければ、0のままだし、

いくら考えても現状は何も変わりません。

 

 

今ある大企業だって、100年前はほとんど

なかったわけですからね。

 

 

 

やるか、やらないかが第一歩の分かれ道だし、

 

やり始めてから続けるかどうかも

分かれ道ですね。

 

 

 

 

 

 

■もちろん、合う、合わないもあるので

途中でやめるのも時には必要だと思います。

 

 

それでもある程度、努力を続け、

改善をしていけば、

 

人に誇れるぐらいのレベルにはいけるのではと

思っています。

 

 

昨年8月終わりから始めたメルマガも

今日で、383号になりましたし、

 

まずは、1000号いけばまた一つ

自信になる財産かなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「自分の人生を完璧主義で生きようと思う

 

ことをやめた。そのかわりに、

 

自分の人生を面白くすることに決めたんだ」

 

 

 

ドリュー・ヒューストン

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です