2019.9.24 この1ヶ月でどれだけアウトプットしていますか

(昨日の活動)

 

 

お昼に両国にある気になっていた

焼肉丼のお店へ。

 

これが予想以上に美味しくて

寄り道した甲斐がありました!

 

https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13230850/

 

 

それからヤフーロッジへ行って

早起き習慣の資料作成。

 

これからどんどんコンテンツを

棚卸しして、作成していきます!

 

 

 

学んだだけで終わってしまっては勿体無い

 

■これまでたくさんの本を読んだり、

セミナーに参加したりしていますが、

 

つくづくアウトプットの大切さを

実感しています。

 

 

なぜなら、本を読んでも、

セミナーに参加しても確かに学びには

なるのですが、

 

それが本当に身についているかというと

かなり割合が少ないかなと思っています。

 

なぜ、身についている割合が少ないかと

言えば、

 

学んだだけで終わってしまいがち

だからです。

 

 

そして、数日、数ヶ月すると

ほとんど覚えていません(笑)

 

 

覚えていてもなんとなくキーワードが

浮かぶぐらい。

 

悲しいですね・・・

 

 

 

 

■これは、私自身も過去よりも

意識はしていますが、

 

まだその傾向はありますし、

 

多くの人が、おそらく9割ぐらいの

人はその傾向が強いと思います。

 

 

なぜ、そう思うかと言えば、

インプット(学び)をたくさん

している人は山ほどいるのですが、

 

アウトプットしまくっている人って

ものすごく少ないんです。

 

 

 

 

■ここでいうアウトプットというのは、

学びを自分で考えて行動にうつすことですね。

 

 

・ブログやメルマガ、SNS、

 小冊子での情報発信

 

・セミナーや勉強会で人に教える

 

・その知識をもとにPDCAをまわす

 

などなど、そんな感じでしょうか。

 

 

そして、それを繰り返して行動し、

身につけていくイメージですね。

 

 

 

アウトプットは大変ですが、だからこそ価値がある

 

 

 

 

 

 

 

 

■しかし、頭ではアウトプットの大切さは

わかっていてもなかなか行動に起こせない。

 

 

それは、やはり簡単ではないからです。

 

インプットよりもはるかに大変だからです。

 

 

じゃあ、やれなくてもしょうがないですよね。

と思いがちですが、

 

 

ここに価値があると思いませんか?

 

 

10人中9人はできていない、

やっていない状況で、

アウトプットする。

 

 

それだけで他と大きく差をつけることが

できるわけです。

 

 

 

 

■考えてみてください。

 

あなたのメンターや周りの結果を出して

いる人って例外なくアウトプットを

してないでしょうか。

 

 

しかも他の人が真似できない頻度と質で。

 

だからそこに価値があるわけですよね。

 

人がなかなかできないから、

価値が生まれて、

お金を払っても学びにくる人がいるわけです。

 

 

 

もちろん、学ぶだけで満足の人はいいですが、

おそらく多くの人は学んだ先の結果を

求めているはずです。

 

 

そのためにはやはりアウトプットは

必須かなとつくづく感じています。

 

インプットしたら、

アウトプットを常に意識して

みてください。

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「仕事を生産的なものにするには、

 

成果すなわち仕事のアウトプットを

 

中心に考えなければならない。

 

技能、情報、知識は道具にすぎない」

 

 

 

 

- ピーター・ドラッカー -

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です