2019.10.17 コミュニケーションのよくあるあるの話

(昨日の活動)

 

 

今日もとても寒かったですね。

 

もう暖房器具を取り出しました。

 

温度差が激しくて、

これは風邪にならないように要注意ですね。

 

 

 

生きづらさを抱えている人がかなりいる

 

 

■昨日は、水道橋で最近複業を開始した

人とランチをしてきました。

 

 

アダルトチルドレン向けに

ビジネスをしているそうです。

 

 

アダルトチルドレン?

 

と思われた方もいらっしゃいますよね。

 

大人の子供???

 

はて、なんでしょうか。

 

私もいまいちわからなかったので

確認してみました。

 

 

詳細はこちら

https://ja.wikipedia.org/wiki/ 

アダルトチルドレン

 

 

いわゆる家庭や社会の影響で、

生きづらさを抱えている人たち

だそうです。

 

 

 

 

■話を聞いていると、

 

結構、そういうことで悩んでいる人は、

30〜40代に多いみたいです。

 

日本の自殺者が減ってきているとは

いえ、平成30年の自殺者は、2万598人。

 

単純に1日に約56人亡くなっている

計算になります。

 

これだけの人が亡くなっているなんて、

想像もできないですよね。

 

ピーク時は3万人を超えていた

というデータもあります。

 

 

 

コミュニケーションは傾向を知り、経験を積み上げていく

 

 

 

 

 

 

 

■さて、その方は、カウンセリングの

セッションをしているので、

コミュニケーションの仕事を

日々しているわけです。

 

 

私自身も塾の生徒たちやコンサル、

コーチでクライアントさんとも

関わり、コミュニケーションが

かなり必要な仕事をしています。

 

 

 

■そこで、コミュニケーションの

話題になりました。

 

 

その方は女性なのですが、

こんなことを言っていました。

 

 

「男性って、話を聞くのが苦手ですよね。

 

あと、つい男性ってアドバイスを

してしまう。

 

解決方法とか聞いてないのに」

 

 

 

 

確かにそう! 

そういう面あります。

 

わかります・・・

 

 

過去にそれで私自身失敗した経験が

ありますよ(苦笑)

 

 

自分のプラス思考が裏目に出て、

落ち込んでいる女性に

前向きになるようにアドバイスを

してしまいました。

 

 

でも、女性って共感や話を聞いて

もらいたい、気持ちを理解してほしい

ことが中心なので、アドバイスが必要

なかったんですよね。

 

今ならよくわかります。

 

 

 

■また、コーチングを勉強して

学んだのですが、

 

 

コミュニケーションタイプも

傾向として4タイプあるので、

それを知っているかどうかも

だいぶ違いますね。

 

 

 

4タイプの概要はこちら。

https://coach.co.jp/whatscoaching/20170821.html

 

 

これを知って対応するだけでも

だいぶ変わってくると思います。

 

 

いずれにしても相手の反応を見ながら、

経験値を積んでいくしかない

かなと思います。

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

「仕事を効率化するための両輪は、

 

「コミュニケーション」と「信頼関係」です」

 

 

佐々木 常夫

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です