2019.10.24 インプットしてそれを実践していますか

(昨日の活動)

 

 

朝9時過ぎに電車に乗ったのですが、

結構混んでいますね。

 

10時出勤とかの人でしょうか。

思った以上に人が多くて

びっくりしました。

 

今は、フレックス制もあって

いろいろな時間帯で出勤している人も

多いのかもしれませんね。

 

やっぱり満員電車はなしですね(苦笑)

 

 

 

形だけのインプットではもったいない

 

 

 

 

 

 

 

 

■インプットする(情報を入れる)と

言っても、取り組む姿勢で

全く情報の取り入れ方が変わってくると

思っています。

 

 

定着も違ってきますね。

 

 

 

■かなりの人が経験があると思いますが、

私自身、学生時代に授業中にノートを

取っていれば、とりあえず話を聞いて

いれば、インプットできているのだと

思っていました。

 

確かに、情報は入ってきているかも

しれません、形式上は。

 

 

 

しかし、テストのためのインプットで

あれば、ただの知識の詰め込みなので

そこに思考がほとんど入りません。

覚えるだけでかなり対応できたりします。

 

 

でも、それではテストの時は覚えていても

すぐに終われば忘れてしまいます。

 

これでは、ほとんど意味がないですよね。

 

 

 

 

 

インプットと実践はセットで!

 

■社会人になると、インプットの仕方が

変わってきました。

 

 

アウトプットをするために

インプットするイメージですね。

 

 

例えば、物事を継続するのが苦手で、

継続するための習慣化スキルを身につけたい

という思いから、本を読んだり、

講座を受けに行ったりしました。

 

 

また、プレゼンがあるから、

プレゼンの本を読んだり、動画を

見たりして学んだ経験もあります。

 

 

この場合だと、インプットする目的が

しっかりとあり、

すぐに実際に行動に活用しようとして

取り組むから学びの質が違うんですよね。

 

 

疑問や質問も考えているから

出てきたりします。

 

 

 

 

■でも、これが大した目的もなく、

とりあえずインプットしておこうと

思ったなら、

 

 

インプットして行動に反映されず

終わってしまいがちですよね。

 

 

ですから、まずはインプットする

目的を確認して、

 

実践ありきでインプットする

ことをオススメします。

 

 

 

■実践をしてみると、当然うまく

いくこともあれば、うまくいかない

こともあります。

 

でも、その中で自分の経験が積み重なり、

インプットしたことが身について

いくのだと思います。

 

 

インプットと実践は常に一緒と考えて

おいたほうがいいですね。

 

 

つい、学んだだけで止まってしまい

がちですから注意が必要です。

 

 

本やセミナーで学んだことをしっかりと

実践していますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

「とにかくやってみろ。やってみてから文句を言え。

 

やりもしないで本から読んだり人から聞いて

 

そうなりますとわかったようなことを言うな」

 

 

 

小林 大佑

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です