2019.11.03 モチベーションに頼らずに他者を介在させる

(昨日の活動)

 

朝からランニングをしてきました。

1.5キロのアップをして、

10キロをキロ6分以内で走ることを意識しました。

 

後半は少ししんどかったですが、良いペースで

走ることができました。

12月のフルマラソンに向けて、

少しずつペースを上げていければと思っています。

 

 

 

気持ちに波があるのは当たり前のこと

 

 

 

 

 

 

■何をやるにしても自分のやる気や

勢いがあるときはいいんですが、

 

そんなにずっと強い気持ちを持ち続ける事は

困難です。これは自分の過去を

振り返っていただければ

気持ちに波があるのはよくわかると思います。

 

 

 

■よくあるのが、最初の1週間ぐらいは

やる気にあふれて楽しくやっているのですが、

2週目あたりから疲れてきたり、

 

別のことに時間が取られたりして

できなくなり、だんだんと

勢いが落ちてきます。

 

そして、いつの間にかやらなくなってしまう。

 

あなたも心当たりはないでしょうか。

 

 

やってはやめ、やってはやめを

繰り返して結局あまり形にならない。

 

 

 

人がいる環境を用意し、モチベーションをサポートする

 

■では、どうすれば自分のやる気や

勢いを出来る限り維持できる

ようになるかといいますと、

 

やはり環境整えることだと思います。

 

 

その中でも1番オススメなのが、

人と一緒にやることやサポート

してもらうことですね。

 

相手がいると、そう簡単には

サボれないですし、相手のやる気に

感化され、自分が引き上がることもあります。

 

そして、一緒にやっていくうちに

いつの間にかプラスのスパイラル

になることがあると思います!

 

 

 

 

 

■今、パーソナルビジネスが流行っている

のも、それが1番効果が高いから

だと思います。

 

やはり人間はそんなに強くはありません。

1人でやれることは限界がありますし、

やっぱり客観的な視点って大切だと

感じています。

 

 

もちろん、人とやることで負荷はかかる

と思いますが、

 

一人でやって結局挫折するなら、

それこそ勿体無いですよね。

 

 

もちろん、自分のペースでやりたい人も

いると思うので、自分の状況に合わせて

人を介在させるのも一つの方法だと

思っています。

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

「人間にとって大事なことは、学歴とか

 

そんなものではない。他人から愛され、

 

協力してもらえるような徳を

 

積むことではないだろうか」

 

 

本田 宗一郎

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です