2019.11.16 本気になるからこそ楽しくなる

(昨日の活動)

 

 

朝から勉強カフェへ。

 

最近のビジネス書も色々と置いて

あって読めるので非常に

ありがたいです。

 

 

本も読みつつ、勉強も頑張りますよ。

 

 

勉強カフェですから笑

 

 

 

楽しかった思い出はやはり本気になっていたから

 

 

■最近、改めて自分の過去の

振り返りをしています。

 

あの時は、何に夢中だったのかなとか、

 

何に悩んでいたのかなとか、

 

どんなことに時間を使っていたのかなとか、

 

思い出してみるとなかなか面白いです。

 

 

 

その時に、いくつか思い出に残っている

ことがあるんですよね。

 

 

 

■大学四年生の時に何もやる気が

なくて惰性で就活していた時に、

 

映画の影響で、半ニートから教師

になると決めて一心不乱に

目指していた時のこと。

 

 

 

勉強なんて全く意味がないと

言っていて、それでも教師になると決めてから

真剣に学んだ勉強は大変でしたけど、

楽しかったですね。

 

 

なぜ、楽しいと思えたのかと

言えば、やはり本気で勉強していた

からだと思います。

 

 

 

 

■教師になってクラスがうまくいかない時、

 

不登校の生徒をどうするかと悩んだ時、

 

組体操の演出を全て1から考えた時、

 

林間学校の時に他校の中学生30人ぐらいの

集団にブチ切れた時(笑)

 

教師を退職すると決めて過ごした残りの日々

など、

 

 

なんか色々あったけど、やっぱり本気で

向き合っていたなあと思うんですよね。

 

 

その時は、大変だったけどでもそこに

深い意味での楽しさがあったなあと

思うわけです。

 

 

 

深い楽しさは本気がセットで必要

 

 

 

 

 

 

 

■楽しいってゲームとか、テレビとか、

旅行行ったりとか、美味しいものを食べたりとか

色々とあると思いますが、

 

それなりの楽しさなんですよね。

 

 

深い楽しさは簡単に手に

入るものではなくて、

 

本気で何かに向き合ってそこから生まれる

楽しさはもっともっともっと

深いものだなあと最近思っています。

 

 

そう考えてみると、楽しくない時って

振り返ると本気になれていないんですよね。

 

 

やらなければいけないから

やっていたり、

 

惰性でやっていたり、

 

なんか形だけやっている感じです。

 

 

もちろん、これはあくまでも私の意見であり、

万人がそうだと思いませんし、

それを求めない人もいると思います。

 

 

 

 

 

■でも、周りの生き生きしている人たちを

みると、やっぱり本気で向き合っている

人ばかり。

 

 

本気と楽しさってある意味ではセットかも

しれませんね。

 

 

そんなことふと感じました。

 

 

 

あなたは、今何かに対して本気で

向き合っていることはありますか?

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

 

「なんでもいいからさ 

 

本気でやってごらん 

 

本気でやれば たのしいから 

 

本気でやれば つかれないから 

 

つかれても つかれが さわやかだから」

 

 

相田 みつを

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です