2019.11.25 私(根葉)がよく挫折していた習慣化できない原因

(昨日の活動)

 

 

昨日は、午前中に10キロラン。

 

2週間後の佐野フルマラソンに向けて

準備を進めています。

 

 

それから英語学習。

先週の勉強カフェの3ヶ月目標達成の

決起会から1週間。

 

毎日1時間は英語学習できているので

いい感じです。

 

これからもコツコツといきます。

 

 

いきなり負荷をかけすぎると続かない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■今日のブログは、

 

 

習慣が続かない原因について

お伝えします。

 

 

やっぱり習慣が続く人と続かない人って

世の中にはいるわけで、

それには共通した原因があるわけです。

 

 

それを知っているかどうかだけで

かなり挫折する可能性を減らすことが

できます。

 

 

 

 

■習慣が続かない原因って

 

 

色々とあるのですが、

私自身の経験から踏まえて

主な2つを上げたいと思います。

 

 

ちなみに習慣化が苦手な人前提で

考えてくださいね。

 

 

 

 

 

①いきなり行動の負荷が高すぎる

 

 

例えば、英語学習を新しく習慣にしたい

とします。

 

 

これまで0だった人がいきなり毎日1時間、

2時間以上の学習はよほど強い動機づけが

ないと難しいです。

 

1ヶ月で何としても試験に合格しないといけない人

以外は、あまりお勧めできません。

 

なぜなら、3日ぐらいは頑張れても

それを続けるのは思った以上に

大変だからです。

 

脳が拒否反応を起こします。

 

 

まずは、5分、10分でもいいから

続けることを意識して、徐々に時間を伸ばして

いくことが大切です。

 

 

まずは、量や質よりも続けることを

重要視してください。

 

 

 

 

習慣は短期視点ではなく、長期視点で

 

 

 

②完璧を求めすぎる

 

 

取り組み始めると、モチベーションが高い時も

あれば、低い時もあります。

 

突発的なイベントや用事、体調不良など

色々なことが起きるのが人間です。

 

 

そんな時に、しっかりとできない時が出てくると

思います。

 

 

ここで、「できなかった自分」を責めて、

 

自己嫌悪に陥ったり、諦めてしまったりすると

勿体無いです。

 

 

ここは、そういう日もあるとあらかじめ、

頭に入れておいて、切り替えることが

大切です。

 

 

ただし、2日連続やらないのは

まずいですね。

 

最低限のクリアするポイントは設定

しておくべきです。

 

1分でもやるという感じで、

意識することが次につながります。

 

 

 

 

■①、②にしても短期視点ではなく、

長期視点で見ることがポイントです。

 

 

最初は、スローペースでも

だんだんと慣れてくれば負荷が減り、

量や質を上げることは

以前よりも楽になります。

 

 

一番避けたいのは、気持ちが折れて

一切やらなくなって0になって

しまうことです。

 

 

昔の飽きやすい自分はよく0に

もどってました(苦笑)

 

 

 

やらなくなると、そこから再度

スタートするのは相当エネルギーが

必要ですし、そのまま数ヶ月、

何年もやらない可能性も出てきます。

 

 

人生は長いので、焦らずにまずは

続けることを意識して

やってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「最初は下手でも結構。でも絶対に

 

止めないで続けること。

 

やれば必ず芽が出ます」

 

 

 

片岡 球子

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です