2019.12.02 疲れた時こそ休む勇気があるか

(昨日の活動)

 

 

両国の勉強カフェで

 

「習慣化の秘訣セミナー」を実施。

 

やってみて、いろいろと課題が

見えてきました。

 

この内容でセミナーやるのは

初めてだったので、

 

やはりやらないとわからない

ですね。

 

 

これからも新しい一歩をどんどん

踏み出していきます。

 

 

 

 

 

頑張りすぎはちょっと注意ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■今日のブログは、

 

 

「休むことはいいこと」

 

ということでブログを書きます。

 

 

 

私のメルマガ読者の人は、

前向きな人が多く、自己投資をされて

いて、自分磨きをしている傾向が強いと

思います。

 

 

チェンジライフ のメルマガですからね(笑)

 

 

きっと今の自分に満足していない人が

多いのかなと思っています。

 

 

 

 

 

■しかし、一方でちょっと気になることも

あります。

 

 

いわゆる頑張りすぎですね(苦笑)

 

 

もちろん、時に頑張ることは必要なのですが、

それで体調を崩してしまったり、

空回りしてしまったりしては

本末転倒ですよね。

 

 

それでも休むことに何か後ろめたさを

感じることもあるかもしれません。

 

なんかやっていないと落ち着かない

みたいな。

 

 

私自身もそういう時期もありましたし、

今もそのバランスは考える必要があると

思っています。

 

 

 

 

休むからこそ次への行動ができる

 

■マラソンで例えると、わかりやすいですね。

 

ペースが速すぎると、最初はいいですが、

途中でその反動はきて、

どんどんペースが落ちていきます。

 

 

何も補給もしなければ、エネルギー不足に

なり、体も動かなくなります。

 

 

そうすると、結局最後のゴールまで

たどりつけなくなります。

 

 

やはり適度なペースと補給は重要で、

それがあるからこそ

いい走りができるんですよね。

 

 

 

 

■そんなことをふと思いながら、

最近、ちょっとお疲れ気味の

自分を振り返って思いました。

 

 

 

休む勇気も時には必要です。

 

 

今日は、結構仮眠をしてしまいました。

ある意味幸せです・・・笑

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

 

「脳というのは、皆さんが思っているよりも

 

ずっと働きもので、休息のために眠るの

 

ではなく、昼間とは違った働きを

 

するために睡眠という

 

活動へシフトチェンジしているのです」

 

 

 

 

茂木健一郎  (脳科学者)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です