2019.12.08 自分のタイミングで行動すると目標達成は難しい

(昨日の活動)

 

 

午前中受験生の入試対策。

 

あと1ヶ月半ほどで入試がだんだんと

始まってくるので

しっかりとサポートしていきたいと

思います。

 

 

やはり課題はモチベーションをどう

するかですね。

 

 

やることを整理しながら

コツコツと取り組ませていきたいと

思います。

 

 

 

マイペースでうまくいくのはごくわずか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■今日のブログは、ペースメーカー

は自分ではなく、目標とするペースに

置くことの大切さをお伝えします。

 

 

ついつい人間って楽な生き物なので、

自分のペースで行動を選択したり、

 

取り組む量を気分によって減らしたり

してしまいがちです。

 

 

 

 

これは、私自身も経験があるのですが、

 

気分が向いたらやろう、

 

疲れたから減らそう、

 

つまんなくなってきたからやめよう、

 

 

 

どうしても自分自身の感情や気分に

よってペースを変えてしまいがちです。

 

 

 

あぁー・・・なんか書いていて、20代の

自分はまさにそうだったなあと。

 

 

 

なんか飽きやすい、

続かないって

 

そもそもの取り組む姿勢に大きな

問題があったんですよね。

 

 

 

マイペースはアウトです。

 

 

 

 

■もちろん、超少数ですが、

マイペースでもハードにやれる人も

世の中にはいるかもしれません。

 

 

スケートの羽生選手やサッカーの

本田選手など、

 

ビックマウスで自らにプレッシャーを

かけて追い込んで取り組んでいますよね。

 

 

でも、大多数の人はそうはいかないと

思いますし、

 

 

羽生選手や本田選手だって、コーチやサポート

する仕組みは整っていると思います。

 

 

 

基準を高めるペースメーカーが大事

 

■そう考えると、

 

やはりマイペースだといつの間にか基準が落ち、

 

自分が楽なペースでいってしまい、

 

 

なかなか目標達成できずに終わって

しまう、

 

もしくは途中で挫折してしまいがちです。

 

 

 

 

ですから、やはり自分が目標とする

ペースメーカーは必要なのかなと

思っています。

 

 

 

マラソンでもそうですよね。

 

ペースメーカーがいるからこそ、

 

今の自分のペースがわかり、

比較することができます。

 

 

そうすることで、

現状の自分を認識できて、

 

ゴールまでの足りないレベルも

わかるかと思います。

 

 

メルマガを書いていて、

自分もいつの間にかマイペースに

なっているなあと反省することも

あるので、気を引き締めて

いこうと思います。

 

 

 

 

ご参考までに。

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

 

「何かに挑戦したら

 

確実に報われるのであれば、

 

誰でも必ず挑戦するだろう。

 

報われないかもしれないところで、

 

同じ情熱、気力、モチベーションをもって

 

継続しているのは非常に大変なことであり、

 

私は、それこそが

 

才能だと思っている」

 

 

 

羽生 善治 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です