2019.12.29 最高の年末年始を過ごすための重要な問い

(昨日の活動)

 

 

午前中は冬期講習。

 

受験生たちは、

コツコツと勉強を頑張って

いました。

 

 

午後からは、友人の出版記念セミナー

に参加してきました。

 

2020年に向けて良い準備が

できました。

 

 

 

意図をもって年末年始を過ごす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■今日のブログは、

最高の年末年始を過ごすためにかなり

お役に立つ内容です。

 

 

ぜひ、ご参考に。

 

 

 

 

 

■さて、昨日から年末年始の

お休みに入った方も多いと

思います。

 

 

私自身も昨日の午後から

仕事はお休みですが、

 

今回の年末年始は過去最高の

日にしようと強く決意

しています。

 

 

 

思いっきり遊び、

 

思いっきり勉強し、

 

思いっきり楽しみ、

 

思いっきり親孝行し、

 

思いっきり感性を磨こうと

思っています。

 

 

 

 

 

■そのためには、1日1日を

最高にする必要があります。

 

 

ただ、最高って言っても

それはあくまで自分にとってです。

 

 

人によって、どんな1日が最高なのかは

違いますよね。

 

 

 

仕事に全力なのが最高かもしれないし、

 

気分転換に旅行したり、遊んだりすることが

最高かもしれないし、

 

勉強に没頭するのが最高かも

しれないし、

 

家族との時間を充実させることが最高

かもしれません。

 

 

 

 

最高な1日の条件を明確にする

 

■では、どうすれば最高な1日になるかと

言えば、この話の展開から

想像つきますよね。

 

 

わかりますか???

 

 

 

それは、シンプルに自分に

問いかければいいと思います。

 

 

 

 

「何をしたら今日の1日は最高に

なるのか」

 

 

「自分のベストな1日の条件は?」

 

 

ここで、大切なのは自分の理想の

未来につながる1日の方が

いいですね。

 

 

短期視点よりも長期視点が重要ですね。

 

 

 

 

 

 

■この問いをもたずに、休みに突入して

しまうと、

 

ついついダラダラ生活に

なりがちです。

 

 

休みだからと朝はゆっくり、

 

ゴロゴロしてテレビを見て、

 

食べたいものを食べて、

夜更かしまで。

 

 

そして、あっという間に年が明けて、

2020年がスタート。

 

 

そして、仕事始めに

お正月ボケ・・・

 

やる気が起きない・・・

 

と負のスパイラルになって

しまいます。

 

 

 

これでは、最高どころか

最悪な年末年始になりかねません。

 

 

 

私自身、過去にそんな堕落した

経験があるからこそ、

それを変えようと思ったわけです。

 

 

 

あなたは、今回の年末年始は

どう過ごされますか?

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

 

「若い頃、僕の時間は未来へ向けて

 

無限にあるように思えた。

 

今、僕は終末の時間から逆算する。

 

すると、人も風景も、そう、

 

何もかもが違って見えてくる。

 

僕は、疾走する」

 

 

 

蜷川幸雄(日本の演出家、映画監督、俳優)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です