2020.3.11 震災から9年経って改めて思うこと

(最近の出来事)

 

 

コロナウィルスの影響で

世間的に先行きが見えない状況が

続いていて、なんとも言えないですね。

 

こんな時こそ、自分の気分がリラックス

できることや楽しいことをして

前向きに過ごしていきたいですね。

 

 

 

さて、今日は、大切な日ですね。

 

2011年3月11日に

東日本大震災が起きて9年。

 

忘れてはならない出来事です。

 

被害でお亡くなりになられた方のご冥福を

お祈りいたします。

 

 

 

 

人生は何が起きるかわからない

 

 

 

 

 

 

 

■今日のブログは、

 

 

東日本大震災から9年経って

思ったことを書きたいと思います。

 

 

 

9年前の3月11日。

 

 

あの時は、まだ小学校の教師をして

いる時でした。

 

14時46分。

 

教室で授業をしているときに

いきなりの大きな揺れ。

 

直感的にこれはただ事ではないと

感じ取りました。

 

 

今までに感じたことのない震動に、

生徒たちも驚きながらも

教室から外に避難したのを覚えています。

 

 

 

■今日、ネットで震災の被害状況を確認すると、

 

死者数は1万5899人の方が亡くなられ、

行方不明者は2529人まだいるそうです。

 

 

特に、被害の大きかった東北の人たちに

とっては、一生忘れることができない

悲痛な出来事であったと思います。

 

 

一瞬でたくさんの人や家を失い、

福島では原発の事故もあり、

世の中が急変しました。

 

あの時に本当に人生は何が起きるか

わからないなあと

実感しました。

 

 

今、振り返ってみてもやはり

忘れてはならないと思いました。

 

 

 

 

当たり前に生きていることに感謝

 

 

 

■9年経って改めて思ったのが、

やはり生きていることに感謝を

するとともに

 

せっかくの人生を精一杯生きないと

いけないと思いました。

 

 

この東日本大震災のことを考えれば、

 

日頃考えている悩みなんて

大したことないですし、

 

当たり前にインフラが整い、

不自由なく生活できることがどれだけ

恵まれているか

気づかされます。

 

 

 

自分はこれからどう生きていくのか、

 

何ができるのか、

 

 

一人一人が自覚をもって

 

いく必要があると思います。

 

 

当たり前のことが当たり前ではない。

 

そのことを毎年この日だけでなく、

 

日頃から考え、感謝すること。

 

 

 

そんなことを考えさせられた日でした。

 

 

 

 

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

明日も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「人の命は、2万分の1でも8万分の1でもない。

 

そうじゃなくて、そこには「1人が死んだ事件が

 

2万件あった」ってことなんだよ」

 

 

 

ビートたけし

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です