2020.3.14 行動でやる気を支配する

(最近の出来事)

 

今日は、午前中から塾の体験授業でした。

先月まで中3の受験生が通っていて、

その妹さんでした。

お姉ちゃんが成果が出たので、

親御さんが妹もということで

ご連絡がありました。

 

嬉しい限りです。

体験をして一緒に頑張っていこうと

いうことになり、しっかりと

成果を出していきたいと思っています。

 

 

 

 

やる気がどうこうではなく、行動にフォーカス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■今日のブログは、物事を進める上で

大切なマインドについて

お伝えします。

 

自分でこれはやりたい、やる価値があると

思ってもなかなか続けられないことって

あると思います。

 

何事も継続って大変です。

 

3日坊主や1、2週間でやめてしまう

人は、そもそもの取り組むマインドに

課題があります。

 

 

 

 

 

■では、どうすればいいかというと、

やる気に頼らないというのが

ポイントです。

 

 

人間は、そんなにいつも調子がいいわけではないので、

いちいちやる気を考えていたら、

うまくいきません。

 

時間があればやるとか、

余裕があればとか、

気分が乗ればとか、

 

思い始めたらダメですね。

 

 

 

■まずは期限を決めて、そこまでは

行動を続けると決める、

やりきる。

 

このマインドが大事です。

 

やる気に波があるのは当たり前なので、

あらかじめに時間を確保して

その時間を行動に充てる。

 

そして、1日1日をクリアしていく

ことです。

 

 

そうすれば、だんだんとリズムが出てきますし、

成長を感じられることもあるので、

やる気も上がってきやすいです。

 

 

ですから、やる気に支配されるのではなく、

行動でやる気をコントロールしていく。

 

 

 

 

1ヶ月、3ヶ月やってみて、判断する

 

 

 

■そして、1ヶ月、3ヶ月、ある程度の

期間をやってみて、その結果を検証する

ことが大事です。

 

何を検証するかというと、

 

・この行動で得られたことは何か

 

・この行動を続けていて価値があるのか

 

・今後もこの行動を続けていきたいか

 

・頻度や量はどうなのか

 

・行動の質はどうなのか

 

 

これらをしっかりと言語化し、

成果が数値で評価できるならしたほうが

いいですね。

数には力がありますから。

 

 

■この行動の振り返りをしないと、

ただ漠然と行動しているだけに

なってしまうので、

効果的ではないです。

 

そして、結果を検証して考えた上で、

今後もその行動を続けていくかを

判断すればいいのかなと

思っています。

 

 

まずは、ある程度期間を続けないと

何もわからないので、

やる気に支配されずに行動にフォーカス

してみてください。

 

 

それではまた。

 

 

 

■それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

次回も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

ステップ・バイ・ステップ。どんなことでも、

何かを達成する場合にとるべき方法はただひとつ、

一歩ずつ着実に立ち向かうことだ。これ以外に方法はない。

Step by step.

I can’t see any other way of accomplishing anything.

 

 

マイケル・ジョーダン

(米国のバスケットボール選手 / 1963~)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です