2020.4.22 自分と向き合うためにやるべきワーク

(最近の状況)

 

連日、東京都ではコロナウィルスの感染者が

100名以上を超えていて、予断を許さない

状況です。

 

なかなか先行きが見えずにしんどい

ところですね。

 

 

こんな時は、あまり心配しすぎても仕方がない

ので感染防止をした上で、

やるべきことを淡々とやって

いきたいと思います。

 

 

 

 

自分の価値を自分で知っていることが重要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のコロナウィルスの影響で、

これからの働き方は確実に変わってきます。

というか、変わらざるをえなくなるでしょう。

 

特に人との接触が制限された中で、

どんなことができるのか、

どんな価値を生み出せるのか、

それが問われています。

 

きっとコロナが収束しても

これまでとは違った働き方が生まれてくると

思います。

 

 

コロナ後の世界は一体どうなっているでしょうか?

 

 

自分の働き方を見直す機会だと思いますし、

自分の未来を考えるチャンスだとも

言えます。

 

ところで、

そもそも自分で自分の価値(強み)を

しっかりと把握できているでしょうか?

 

自分の価値がわからなければ

今後の働き方も考えにくいですよね。

 

ですから、未来を考える上で、自分の

価値を知ることは大切です。

 

 

 

 

自分の強みを100個書き出してみましょう!

 

 

「自分の強みなんてない」

 

と思う人もいるかもしれません。

 

強みというと、なんかすごい他人と比べて

できないといけないと思いがちですが、

当たり前にやっていることでも

いいと思います。

 

 

人間、20年も30年も、

40年も生きてきたならば必ず、

人よりも秀でているもの、

得意なもの、

あるいは人から必要とされている
能力を持っているはずです。

 

 

仕事に限らず、プライベートのことや

趣味でもいいと思います。

 

 

例えば、

 

・本を読むのが好き

・ブログを1年以上毎日書いた

・筋トレが得意

・植物について詳しい

・論理的に考えるのが得意

・整理整頓が好き

・人の話をじっくりと聞くことができる

 

などなど、

色々とあると思います。

 

 

 

まずは自分自身を知る意味でも

強みを100個書き出すワークを

やってみることをお勧めします。

 

 

私も早速、実施していきます!

 

 

 

それでは、ブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

今後も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

「人が何かを成し遂げるのは、強みによってのみである。


弱みはいくら強化しても平凡になることさえ疑わしい。


強みに集中し、卓越した成果をあげよ。」

 

 

出典:「マネジメント」 P.F.ドラッカー

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です